2019年11月03日 明治神宮第二球場

帝京vs日大三

2019年秋の大会 東京都大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

神宮第二球場の最後を飾るに相応しい名勝負!帝京・加田、好守で勝利を呼び込む



帝京 先発・田代 涼太

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 試合開始前、両チームの選手と東京都高校野球連盟の役員がグラウンドに並び、堀内正東京都高校野球連盟会長と、武井克時同専務理事があいさつし、この試合が神宮第二球場での最後の試合であることを告げた。それにしても、抽選による偶然ではあるけれども、最後の試合は、帝京・前田三夫監督、日大三・小倉全由監督と、東京を代表する強豪で、この球場で最も多く戦っているベテラン監督の対戦という、最後を飾るに最も相応しいカードになり、最後を飾るに相応しい名勝負になった。

 2-1というロースコアの試合になったが、中身の濃い展開になった。日大三の先発、左腕の児玉 悠紀は、立ち上がりにやや難がある。1回表帝京は、3番。加田 拓哉の中前安打と4番・新垣熙博の四球の走者が出たが、5番・小松 涼馬は三振に倒れ無得点。

 その裏日大三は、二死一塁から4番・大城 龍馬がセンターに大きな当たり。これを帝京の中堅手・加田 拓哉が背走し、フェンスにぶつかりながら捕球した。好プレーであるが、この日の加田の活躍の中では、ほんの序の口であった。

 ここから、日大三・児玉、帝京田代 涼太の息詰まる投手戦が始まる。両投手、投球もさることながら、守備も素晴らしく、走者を出しても、送りバントを素早く処理して進塁を許さず、なかなか得点のチャンスが生まれない。

 4回裏日大三は、4番・大城 龍馬の二塁打と5番・西田 琉之介の四球で無死一、二塁としたが、星 憂芽のバントを田代は三塁に送球して刺し、進塁を許さない。さらに7番・山田 和がセンターに低いライナーを放つが、これを中堅手・加田がダイブして好捕。飛び出していた二塁走者も刺され、併殺となった。

 5回表帝京は、1番・武者 倫太郎が左前安打で出塁するが、2番・武藤 闘夢のバントは、児玉が素早く処理して二塁で刺した。それでも続く2人は四死球で満塁となったが、児玉はキレのいいスライダーで5番・小松、6番・御代川 健人を連続三振に仕留めた。帝京の前田三夫監督は、「児玉投手の配球は読めていたけど打てない」と語った。

 その裏日大三は、この回先頭の8番・齋藤 広空が高めの球を強振して二塁打を放つが、9番・児玉は内角を攻められバントが決まらない。それでも2番・熊倉 幹太がレフト線に二塁打を放って齋藤が生還。日大三が待望の先取点を挙げた。なおも走者を二塁に置いて、3番・柳舘 憲吾はセンターに鋭い打球。これを中堅手の加田がまたもダイビングキャッチして、日大三のリードが広がるのを防いだ。

【次のページ】 帝京vs日大三(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
激論になりそうな関東・東京6枠目。成績面から各チームを徹底分析! 【ニュース - コラム】
第1028回 激論になりそうな関東・東京6枠目。成績面で圧倒している学校があるが…【大会展望・総括コラム】
8人中7人が1軍スタート。高卒から独立まで期待大の西武の2019年ドラフトの選手たち 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 強豪校がそろい踏み!2020年の「高校野球ドットコム」野球部訪問ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第159回 東西決戦に有観客の秋季大会。2020年東京都の高校野球3大ニュース【高校野球コラム】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第114回 帝京出身の監督が伝え続けてきた「這い上がる精神」。狭山ヶ丘が地区予選初戦敗退から真の下剋上を果たす。【野球部訪問】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs二松学舎大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs都立小山台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs帝京【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1243回 「こういう選手が欲しかったです」前田監督も絶賛した遊撃手・武藤闘夢(帝京)が見据えるは11年ぶりの優勝 【2020年インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
帝京 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る