国士舘、修徳の追撃から逃げ切る!7番・齋藤5打点の活躍



中西健登(国士舘)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 大会もいよいよ準々決勝。そして、60年近くに渡り東京の高校野球の舞台であった神宮第二球場での公式戦も、この週末だけになった。

 その第1戦は、前年秋の優勝校・国士舘に、伝統校の修徳が挑んだ試合になった。修徳の先発は、3回戦に続いて1年生の床枝 魁斗。球威はあるものの、やや荒れ球の床枝が、四球でピンチを招くのは、いわば織り込み済み。1回、2回、3回と四死球でピンチを招きながら、国士舘に得点を与えないのは、修徳のペースと言える。

 それでも永田昌弘監督が、体型などを見て、高校に入ってから投手にコンバートさせた中西 健登が、サイド気味のフォームからキレのある球を投げて、修徳に付け入るスキを与えない。

 先制したのは国士舘だった。5回裏、2番・伊藤 優の当たり損ねの一ゴロが内野安打になったのに続き、3番・清水 武蔵の右前安打、4番・黒澤 孟朗の四球で満塁。5番・鎌田 州真の遊ゴロで1点を先制する。6番・吉田 健吾のセーフティースクイズは失敗したものの、なおも走者2人を置いて、7番・齋藤 光瑠が左中間を破る二塁打を放ち、2点を追加。続く8番打者で先発投手でもある中西が右中間を破る三塁打を放ち、この回一挙4点を入れた。

 試合が動き出すと、修徳の反撃も始まる。6回表は無死一、三塁から3番・大澤 太一が右中間を破る二塁打を放ち、2点を返す。しかしなおも続く無死二塁のチャンスで、得点を奪えなかったのが、修徳としては響いた。

 その裏国士舘は、二塁打の1番・折田 大和を犠打と内野ゴロで還し、1点を追加すると、二死から、4番・黒澤の中前安打、5番・鎌田の四球、6番・吉田の右前安打で満塁となり、前の打席で二塁打を放った齋藤がセンターオーバーの三塁打を放って満塁の走者を一掃した。

 5打点の齋藤は、1回戦では2番打者。「齋藤は膝が柔らかい」と言う永田監督としては本来なら3番を打たせたい選手だ。7番打者とは思えない振りの鋭さで国士舘優位の展開に持ち込んだ。

 それでも修徳にも粘りがある。国士舘の先発・中西が、「疲れがありました」という8回表、修徳の1番・間島 玉喜の四球、2番・鈴木 悠太の内野安打の後、3番・大澤、4番・中西 陸の2者連続の適時打で2点を入れて追い上げる。それでもここから国士舘の中西は踏ん張り、8回はさらなる失点は許さず、9回表も三振2個を含め三者凡退に抑え、国士舘修徳の追撃を振り切った。

 追撃及ばず敗れた修徳であるが、先発の床枝、1番打者の間島など、伸び盛りの1年生が多く、伸びしろが大きいチームだ。

 国士舘は永田氏が監督に復帰してから秋は4年連続でベスト4。優勝した昨年と比べ「走れる子がいない」と永田監督は言うものの、打撃はむしろ上との評価。ただ勝ち抜いていくには、中軸の黒澤、鎌田あたりが本来の打撃を取り戻せるかどうかに、かかっているのではないか。

■日程詳細・応援メッセージ
秋季東京都大会
トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

(文=大島 裕史)