石坂大河が投打で躍動 創価が5回コールドでベスト8



先制のスリーランホームランを放った石坂大河

 「あのホームランがすべてでしたね」

 日本学園の高橋裕輔監督が試合後に語った言葉が、この試合を象徴していた。27日に駒沢野球場で行われた秋季東京都大会3回戦の創価と日本学園は、初回の本塁打で流れを掴んだ創価が5回コールドで勝利した。

 初回に二死一、二塁とランナーを二人置いた場面で打席には5番の石坂 大河が入る。「肩口からのカーブを狙っていた」と話すように、フルカウントらの変化球を振り抜くとライトスタンドを越える先制のスリーランホームランとなった。

 これで流れを掴んだ創価は、その後も7番・髙橋藍のタイムリーで追加点を挙げると、2回にも2番・庄司一馬が右中間タイムリーツーベースを放って5点目。4回にも一挙4点を挙げる猛攻を見せて、その差を一気に突き放した。

 また先制のホームランを放った石坂は先発投手としても活躍した。
 背番号は9の石坂は北海道の豊平東リトルシニア時代から活躍を見せていた投手だ。身長170センチ、体重70キロと決して体が大きいわけではないが、真上の腕の位置から角度のある直球を投げ込み、ボールのキレも申し分ない。
 5回を投げて被安打3、7奪三振の好投を見せて、日本学園に付け入る隙を与えなかった。

 創価には本格派右腕のエース・森畑侑大がいるが、2番手にもこのような実践派の好投手がいることは非常に心強いに違いない。投手力は都内でも屈指だろう。
 結局試合は10対0の5回コールド創価が勝利し、ベスト8進出を決めた。

 試合後、創価の片桐哲郎監督は「石坂は良く投げましたし、良い形で初回に流れもしっかり作れたと思います」と話し、投打で活躍を見せた石坂を手放しで誉めた。また次の準々決勝について聞かれると「秋は上を考えるよりも一戦一線勝つだけです」と話し、あくまで足下をしっかり見つめた戦いをする構えを見せた。

 一方、敗れた日本学園は、実はエースの五十嵐蓮が肺炎の数日前まで練習を休んでいる状況だった。病み上がりのため五十嵐に無理をさせられない中で、先発マウンドに立った背番号20の浅井颯斗が初回から流れを創価に持って行かれた展開となった。

 「浅井は創価打線の圧にやられていたと思います。ただ、3回のピンチを切り抜けた投球は良かったと思いますし、打線も今日のような投手(石坂)を経験できました。これは大きいと思います」

 経験という大きな成長の糧を得た日本学園。冬場の成長に繋げて、春はさらに上位へと躍進したいところだ。

(文=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。