日大三、終盤に底力を見せ逆転!柳舘、勝ち越し打を打ち、試合を締める



児玉悠紀(日大三)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨年の夏の甲子園でベスト4の日大三と、2年前の夏の甲子園でベスト4の東海大菅生という全国レベルの強豪が3回戦で早くも激突した。

 日大三児玉 悠紀東海大菅生新倉 寛之という左腕のエースが先発した。ともに制球が良く、スライダーのキレもいいと似たところのある両投手だが、左腕独特の立ち上がりの課題という点でも、似ている。

 試合は開始早々動き出した。1回表日大三は、1番・渡辺 凌矢が左中間を破る二塁打を放つと、犠打と犠飛で手堅く1点を先制した。これまでの猛打のイメージとは異なり、送るべきところはしっかり送るのが、日大三の今のスタイルだ。

 その裏東海大菅生は、1番・榮 塁唯が左前安打で出塁した後、2つの四球で一死満塁。児玉は制球がいいが、微妙なコースが外れ、ピンチを招いた。ここで5番・千田 光一郎の右飛で三塁走者が還りまず同点。続く6番・堀町 沖永がセンターオーバーの三塁打を放って2人が生還。さらに7番・臼井直生の左前安打で堀町も生還し、東海大菅生は1回裏に4点を入れた。

 東海大菅生の一方的な展開になりかけたが、日大三は2回表、二死一塁から8番・齋藤 広空が左中間を破る三塁打を放ち1点を入れて、2点差に迫る。

 もともと好投手である日大三の児玉と東海大菅生の新倉は、序盤つかまったものの、ここから本来の投球を取り戻す。制球がいい分、両チームとも積極的に打ちに行き、守備もしっかりしているので、両チーム0が並び、試合は淡々と経過していった。

 それでも日大三の小倉全由監督は東海大菅生の新倉に対し、「三振はありましたけど、真っすぐには合っている。そんなに空振りするピッチャーではない」と考え、チャンスが来るのを待っていた。6回裏の守りから、巨漢で一発はあるけれども、この試合では当たっていない難波 研伍に代え、星 憂芽を入れていた。この交代が終盤ものを言う。

 8回表日大三は1番・渡辺が左前安打で出塁すると、2番・熊倉 幹太が送り、3番・柳舘 憲吾の中前安打で一死一、三塁。4番・大城 龍馬の遊ゴロで三塁走者の渡辺が本塁を突いたが、ここは守備のいい東海大菅生の遊撃手・玉置 真虎が落ち着いて本塁に送球しアウト。

 二死となったが、続く5番・西田 琉之介がよく選んで四球。新倉はコーナーを突いたものの、ストライクにはならなかった。これで二死満塁。打席には途中出場の星が入る。星が初球を振り抜くと打球は右翼手の頭を超える三塁打となり、満塁の走者を一掃し、日大三が一気に逆転した。

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】