終盤に点数を重ねた共栄学園がベスト16進出



3ベースヒットを放った堤 桂介(共栄学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 共栄学園成立学園の東東京同士の対戦。春のシード権がかかった大事な2回戦は初回から動く。
 先攻の共栄学園は2番・堤 桂介の三塁打で先制のチャンスを演出。ここで3番・石黒 颯人がセンターへ犠牲フライを放ち、すぐさま先制に成功。幸先よいスタートを切った。

 リードをもらった先発の渡辺 璃空だったが、成立学園の反撃にあう。
 エラーで出塁したランナーを一塁に背負い、二死一塁から4番・河野 尚磨と5番・和田 銀露に連打を浴びてすぐさま同点。1対1と試合は振り出しに戻る。

 その後、2回に共栄学園が6番・中川 慧太のタイムリー。成立学園は3回に4番・河野のタイムリーで2対2と緊迫の試合展開のまま、5回終了。勝負は後半に委ねられることとなった。



先発・小池 優太朗(成立学園)

 しかし後半は、前半の緊迫した展開とは全く違う形となった。
 6回、共栄学園成立学園2番手・田中 大智を攻め立て、6番・中川、1番・染谷 心太、そして2番・堤のタイムリーで一挙5得点。7対2と成立学園を突き放し、試合の主導権をきっちり握った。

 さらに7回には7番・渡邊 英介、8回には途中出場の4番・杉山 佑希を含む3連打で点数を重ねていき、12対2と勝負あり。
 最後は3回途中からロングリリーフした2番手・佐藤 光真成立学園をおさえてゲームセット。12対2の8回コールドで共栄学園が勝利。ベスト16進出、そして春の都大会のシード権を確保することが出来た。

(文=田中 裕毅)

■日程詳細・応援メッセージ
秋季東京都大会
トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。