帝京・小松、6打点の活躍で関東一に打ち勝つ



この試合6打点をたたき出した小松涼馬(帝京)

 幾多の名勝負を繰り広げてきた帝京関東一。神宮第二球場で対戦するのは、この試合が最後となったが、この球場らしい、打ち合いになった。

 帝京は線番号10ながらエース的存在である田代 涼太が先発したが、関東一は死球や敵失で出た走者を、3番・重政 拓夢の二塁打や6番・藤田七五斗の三塁打などで還し、3点を先制した。帝京の前田三夫監督は田代について、「アバウトすぎる。変化球を放っているだけ」と厳しく語り、田代は2回で降板する。

 関東一には1年生ながらこの夏の甲子園を経験した市川 祐という好投手がいるが、「肘や肩の不安が消えていない」と米澤貴光監督。市川は、終盤短いイニングを投げるとして、そこまでどうつなぐかが、カギとなる。しかし、先発の横手投げ・星瑠斗は初回でつかまる。

 1回裏帝京は一死満塁から5番・小松 涼馬の中犠飛と、6番・御代川 健人のレフトオーバーの二塁打で。すぐに同点に追いついた。

 関東一は2回裏から早くも2番手の石澤真樹を投入した。けれども帝京は、3回裏には、2四死球で出た走者を、5番・小松が左中間を破る二塁打で還して2点を勝ち越した。

 5回表関東一は一死満塁から6番・藤田の左犠飛で1点を返したが、その裏帝京は小松がレフト柵越えの本塁打を放ち突き放した。「打ったのは高めの真っすぐです」と小松は語る。今大会、安打は出ているが、小松らしい飛距離のある打球はなかった。「打ち方を変えたりしましたが、うまくいかなかたので、来た球を打とう思いました」と気持ちを切り替えることで、本来の打撃が戻ってきた。

 小松は7回裏にも一死一、二塁からセンターオーバーの二塁打を放ち2点を追加。この試合6打点をたたき出した。続く御代川のライト線への三塁打で小松も生還した。

 関東一は8回表に敵失絡みで1点を返す。投手陣では4回裏から背番号1の左腕・今村 拓哉が登板。小松の本塁打aなどで4点を失ったが、奪三振9と球にキレがあることは示した。

 8回裏には市川が登板。全く危なげのない投球で、帝京打線を三者凡退に抑える。