夏から強化してきた守備力を発揮!日本学園が堅い守りで東亜学園を下し、ベスト16進出!



日本学園先発の森田 賢太朗

 日本学園vs東亜学園の一戦はお互いの守備力の高さが光った試合だった。その守りあいを制したのが、日本学園だった。

 まず序盤は両先発の投げ合い。東亜学園の先発・深堀 力斗(1年)は120キロ前後の直球、スライダー、シュート気味の直球を使いながら打たせて取るピッチング。まだ球速はないが、ボールの扱いが上手く、これから話題になる投手となるだろう。

 日本学園の先発・森田 賢太朗は、左足を回しこむように上げていきながら、勢いよく腕を振っていきながら投げるオーバースロー。常時125キロ~120キロ後半の直球、スライダーを集める右の本格派だった。

 先制したのは東亜学園。4回裏、二死二塁から5番の早川 直道の適時打で1点を先制。しかし日本学園は5回表に内野ゴロの間に同点に追いつき、6回表には3番・横手 響の適時二塁打で勝ち越しに成功する。

 しかし8回裏、東亜学園が意地を見せる。二死一、二塁から3番阿部 敬太の左中間を破る適時二塁打で逆転に成功する。阿部は4打数2安打の活躍。スクエアスタンスで構え、グリップを肩の位置に置いてから背筋を伸ばして、インサイドアウトのスイングを心掛け、広角に打球を飛ばすことができる。打撃以上に目についたのが50メートル6秒1の俊足を生かした中堅守備だ。「打つ瞬間にスタートを切れるよう、ポジショニングを意識しています」と語るように、普通ならば抜けると思った打球を軽々追いついて捕球してしまう守備範囲の広さは脅威だ。

 主将・阿部の逆転打で逃げ切りたい東亜学園だったが9回表、ミスが続出し、エラーで同点。無死満塁から7番石田渉のスクイズで勝ち越しに成功する。石田はバントが多い役回りだと自覚し、普段の練習ではバント練習を多めにやってきた。その成果が大事な面で発揮された。

 そして9回裏、日本学園は二死一、三塁のピンチで三塁へ鋭い当たり。日本学園ナインは一瞬、肝を冷やしたが、チーム一堅守の佐藤 修星が好捕。危なげない送球で、試合終了。日本学園がベスト16進出を決めた。

 この夏のレギュラーはほとんどいない。それでも新チームから強化してきた守備力の高さを随所に発揮。守備練習の割合を多くしただけではなく、普段の練習試合から内野手、外野手が自分の感覚でポジショニングを磨き、最善の守備位置を守る工夫を重ねた。その結果、鋭い打球に対しても球際の強さを発揮し、内野手、外野手ともにエラーなしと堅い守備を見せた。

日本学園の高橋監督は「今年は守らないと勝てないチームなので、粘り強さを発揮してくれたと思いますし、東亜学園さん相手にできたのは自信になります」と選手の健闘ぶりをたたえた。

 次は強豪の創価と対戦。果たして自慢の守備力はこの試合でも発揮できるか?

■日程詳細・応援メッセージ
秋季東京都大会
トーナメント表

(文=田中 裕毅)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。