「接戦に強いのがうちの強み」都立城東が初戦に続き1点差勝負を制し、ベスト16入り!



本塁打を放った千野 亜真汰

  10月26日、秋季東京都大会2回戦。駒沢球場で行われた都立城東vs明学東村山の一戦は1点を争う好勝負となった。

 、都立城東は4番・千野 亜真汰の2ランで先制点を挙げる。

 千野はこの本塁打で高校通算10本目。そのうち6本が新チームスタート。すでにこの秋の公式戦では3本放っており、量産体制に入っている。千野は筋トレマニアで、ユニフォーム姿や試合後の制服姿から見える筋肉の盛り上がりは170センチ70キロのサイズ以上にがっしりしているように見える。

 千野は昨冬から筋トレに励み、デッドリフトでは130キロを持ち上げるほどまでにパワーアップ。そのパワーを生かすためにステップも変更した。千野は新チームスタートしてから「速めにタイミングを取る狙い」で歩幅を広げ、ノーステップ打法に転換。それがハマり、本塁打量産につなげている。

 この2点について、都立城東の内田監督は「非常に大きな2点だった」と語るように、試合を優位に進めていった。

 都立城東は技巧派左腕の林 平太郎、スライダー主体の鳴坂 隼を中心に勢いに乗る明学東村山打線を抑える。長打力のある千野を中心にクリーンナップの打力の高さが注目される今年の都立城東だが、内田監督は「接戦に強い」と答えるように実にしぶとい。9回裏も一死一、二塁のピンチを招いたが、いずれも良い当たりの中飛に抑え、ベスト16入りを果たし、春のシード権も確定させた。ただベスト16で満足するつもりはない。

 内田監督は「ベスト8、ベスト4とより上を目指していきたい」と、今大会は十分に上を狙えるチャンスだと思っている。

 敗れた明学東村山も終盤まで粘り強い戦いを見せてくれた。特に4番キャッチャーで主将の倉持 欣仁は熊谷監督も認めるほどのキャプテンシーの高さを持った選手で、熊谷監督は「新チームがスタートしてから勝ちたいと執念をもってやってくれました」と秋までの選手たちの戦いぶりを評価した。

 倉持はこの試合でも2安打の活躍。打撃技術を見ると、スクエアスタンスで構え、内回りのスイングでボールを捉え、高いコンタクト率を誇り、2.00秒台のスローイングに加え、落ち着きが感じられる立ち居振る舞いも魅力だ。倉持の存在がここまでの快進撃につながっているのが理解できた。

 倉持はこの試合を振り返って、「最後まで力を出せたと思います。特に先発の山本は粘り強く投げてくれてさすがエースだと思いました。まだあと1本が出ないところがありました。これからも練習試合が続くので、課題を克服していきたい」と決意を新たにした。

■日程詳細・応援メッセージ
秋季東京都大会
トーナメント表

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。