東海大対決 東海大菅生・玉置の果敢な走塁を契機に、東海大高輪台自滅



3回、東海大菅生の玉置、相手投手の暴投で先取点

 昨年の春季大会以来の東海大対決は、終わってみれば東海大菅生の圧勝であったが、序盤は東海大高輪台がやや押し気味であった。

 東海大菅生は1年生の左腕・本田 峻也が先発したが、立ち上がりがやや不安定。1回表東海大高輪台は、1番・田淵翔太が中前安打で出塁すると、2番・後埜上颯人が送り、3番・福留悠大の左前安打で一、三塁となり、4番・上遠野雄飛は三塁線に強い打球。これを東海大菅生の三塁手・杉崎 成が好捕すると、本塁に送球。角度的に三塁走者にぶつける可能性があったが、うまく避けて送球し、本塁で刺した。

 終わってみると、このプレーが大きかった。夏までの一塁手から三塁手にコンバートした杉崎の守備について東海大菅生の若林弘泰監督は、「技術でなく、気持ちで捕っています」と語る。流れるような華麗な守備ではないが、打球をしっかり止めており、守りは安定している。

 東海大高輪台は5番・吉澤望の左前安打でなおも二死満塁としたが、6番・島根颯佑は三振に倒れた。1回表の東海大高輪台は、3安打を放ちながら、得点できなかった。試合後、東海大高輪台の宮嶌孝一監督は、「序盤に尽きます」と語った。

 東海大高輪台は2回表も2つの四死球でチャンスを作ったが、得点できない。こうなると、東海大高輪台の先発・古口誠の粘りの投球もあり、2回まで無得点であった東海大菅生が攻勢に出る。

 3回裏東海大菅生は2番・玉置 真虎、4番・森下 晴貴、5番・千田 光一郎が四球で出塁し満塁とすると、古口の投球を捕手が少しはじいたスキに、「いけると思いました」と語る三塁走者の玉置が果敢に本塁を突いて、先取点を挙げた。田中 幹也(現、亜細亜大)に憧れて東海大菅生に入ったという玉置は、田中 幹也を彷彿させる走塁で、試合の流れを東海大菅生に呼び込んだ。

 なおも続くチャンスで、6番・堀町 沖永が二塁打を放ち、さらに2点を追加した。

 東海大高輪台も4回表に2番・後埜上の死球で押し出しの1点を入れたものの、反撃もここまで。東海大菅生は5回からは大柄な左腕・広瀬 楽人が重く力のある球で、東海大高輪台打線を抑える。

 東海大菅生打線は、4回裏は玉置、森下の二塁打などで2点を追加すると、5回裏は8番・臼井直生の三塁打などで2点を追加。
 6回裏の東海大菅生の攻撃では、東海大高輪台はこの回だけで3人の投手をつぎ込んで防戦したが、4四死球などで傷口を広げて失点を重ね、最後は1番・榮 塁唯の中前安打でこの回の4点目が入り11対1の6回コールドが成立した。

 「点差ほど、力の差はなかったと思います。でもピッチャーは粘らないと」と、東海大高輪台の宮嶌監督は語った。主将でもある玉置の果敢な走塁で生まれた東海大菅生の勢いを、東海大高輪台は止めることができなかった。逆に言うと東海大菅生は、一度勢いに乗ると、いかに脅威になるかを示した一戦でもあった。

(文=大島 裕史)

■日程詳細・応援メッセージ
秋季東京都大会
トーナメント表