追いつかれるも粘り強く戦った日本ウェルネスが3回戦へ!



石井謙也(日本ウェルネス)

 東東京の実力校・日本ウェルネス。対するは都立校ながら高い実力を持っている都立日野。春のシード権をかけた秋季東京都大会2回戦が立川市立川公園野球場で行われた。

 試合は3回まで両校のスコアボードに0が並ぶ投手戦。緊迫して展開の中で迎えた4回、日本ウェルネスが先頭の4番・森秀磨がピッチャー強襲のヒットで出塁。すると5番・井崎伸幸の送りバントと6番・石井謙也のライト前で一死一、三塁の先制のチャンスで、相手のエラー。日本ウェルネスが思わぬ形で先制点を奪って試合の均衡を崩した。

 6回にも相手のエラーが絡んでさらに2点を追加して3対0とさらにリードを広げた日本ウェルネス。守っては先発・濱渦鉄心、そして2回途中からロングリリーフを務めた2番手・石井謙也が都立日野に反撃を許さず、7回からエース・芳賀伸行にバトンタッチして逃げ切り態勢に入った。

 しかしここからが誤算だった。
 芳賀は7回、都立日野の先頭・谷越優にセンター前、続く6番・樋口 恵斗に死球と立ち上がりから不安定。すると8番・関口勇気を詰まらせるもレフトまで運ばれ、1点を返されて3対1。さらに1番・武内丈のタイムリーでもう1点を返されて3対2と都立日野が活気づいていく。

 すると続く8回には一死から4番・田中栄希と5番・谷越の連打でピンチを招いて二死一、二塁。ここで代打・遠山泰希にセンター前へ運ばれて3対3。終盤で日本ウェルネス都立日野に追いつかれ、流れは完全に都立日野に傾いていた。

 だが9回、日本ウェルネスが1番・安部来紀がセンター前でサヨナラのチャンスを作ると、3番・苅部太葵はライト線に落として一死一、三塁。途中出場の苅谷陽天が歩かされ、一死満塁。ヒットでもエラーでもサヨナラの場面。ここで5番・井崎がファールフライに倒れ、6番・石井にすべてが託されると観客が固唾をのんで見つめた初球にまさかのバッテリーエラー。これがサヨナラとなり、4対3で日本ウェルネスが3回戦へコマを進めた。

 試合後、日本ウェルネスの美齊津忠也監督は「何よりエラーが差が出たと思います。自分たちも初戦はエラーが2、3個あり多かったので、今日に向けて修正してきました。もう少し点数を取れるところで取りたかったですが、最後の最後で取れてよかったと思います」と目の前の勝利に安堵していた。

 今日の試合、なかなか点数が入らない均衡した展開が続いた。そんな中、2回途中から急遽レフトからマウンドに来た2番手・石井の好投が日本ウェルネスにとって大きかった。美齊津監督も、「想定していた中での継投でしたが、今日はたまたま石井が踏ん張ってくれてました」と石井へ労いのコメントを残した。