1番・初谷健心の3安打で勢いづいた関東一が5回コールドで3回戦へ



1番の初谷健心(関東一)

 甲子園でベスト8に入り、国体にも出場するなど、多忙な時期を過ごした関東一。しかし、秋季東京都大会では1回戦の日大鶴ヶ丘を破って、初戦を突破して見せた。

 23日の2回戦は同地区で今夏5回戦まで勝ち上がった駒込。これから先も対戦するであろう両校であり、春季東京都大会のシード権確保に向けて負けられない一戦が立川市立川公園野球場で行われた。

 そこで輝きを放ったのは関東一の1番・初谷 健心だ。
 初谷と言えば3年生のチームから試合に出場し続け、全国の舞台を経験してきた関東一の期待の野手。米澤貴光監督も、「体が出来ていないですが、やることやって来てくれる。体が出来てくれば凄い良い選手になると思うので、一生懸命やってくれる子なので期待したいですね」とコメントした。

 その初谷の第1打席、駒込先発の稲川友人の5球目を左中間へ。50メートル6.7秒の快足を飛ばして一気に三塁を陥れる。これで火がついた関東一打線は2番・小野寺 勇輝のヒットと6番・岡澤 敦也の犠牲フライ。さらに相手のミスで3点を先取する。

 その後、関東一は打者11人の猛攻で2回に5得点で8対0。3回にも3点を奪い11対0とする。
 初谷も2打席目でセンターへの二塁打で追加点のチャンスを演出し、得点に絡む。4打席目は得点に結びつかなかったが、レフト線への二塁打で3本目。この日チーム唯一の猛打賞を記録するなど、5打数3安打1四球と1番としての役割を十分やってのけた。

 初谷自身もチームに流れを持ってくるためにも第1打席は大事にしており、引っ張ってしまうと引っ掛ける悪い癖を把握したうえで、逆方向を常に意識している。その結果が出てのが今日の第1打席だったといえる。
 また初谷は大きくテイクバックを取らずに小さな仕掛けでタイミングを取っているが、それは自身のなかで「コンパクトかつ鋭いスイングを大事にしている」からである。

 しかし、「第3打席は集中力が切れてしまいましたし、満塁で力んでしまったのは反省です」ときっちり課題も見つけていた。