4番・新垣煕博の3打点の活躍で帝京が8回コールドで16強へ



4番の新垣煕博(帝京)

 雨に見舞われ、平日開催となった秋季東京都大会の2回戦。ここを勝つと、春季東京都大会はシード校扱いとなり、夏に向けても大きく優位な立ち位置を確保できる大事な試合。帝京vs早大学院の試合は序盤の試合運びが大きな分かれ道となった。

 後攻の帝京は初回、二死から3番・加田 拓哉が二塁打でチャンスメイクすると、4番・新垣 煕博早大学院先発・中澤 凱の高めに抜けてきたボールを捉え、レフトスタンドへ。さらに2回には6番・御代川 健人がレフトへホームランを放つなど、一発攻勢で帝京が序盤の流れを掴む。

 先制のホームランを放った4番・新垣はこれで高校通算8本目。「外角のストレートを狙っていましたが、カーブがインコースの高めにきたので振っていきました」と積極的なアプローチでチームに良い流れをもたらした。

 3回には相手バッテリーのミスで追加点を奪った帝京の先発は背番号10の田代 涼太。夏を経験すると都内の左腕だが、ボールがばらつき、制球に苦しむ。
 ストレートには力があり、相手打者は簡単に捉えられないが、浮いたり引っかかったり。スライダーも低めに外れるなど、ボールがはっきりしておりなかなか振ってもらえない。

 それでも前田三夫監督は「前よりは良かった。この前が悪すぎたので、今日投げさせました。コールド発進でいいスタートを切ったから良かったと思います」とコメントする一方で、キャッチャー・新垣は「ブルペンではちゃんとコースに来ていましたが、球数が増えて外れるボールが増えてきました」と課題も口にした。

 しかし中盤から新垣が「ファーストストライクを取ってカウントを有利にしよう」とするために、ストレートを多投してカウントを整えた。これで少しずつ守備でリズムを作っていく。
 すると6回に7番・阿出川 瑠己のセンター前のヒットで中押しの5点目を奪うと、8回に4番・新垣と7番・阿出川のタイムリーで勝負あり。7対0の8回コールドで帝京早大学院を下した。