投打が噛み合い東亜学園がコールドで学習院を制す!



3回ウラ、3点タイムリー三塁打を放った 東亜学園 4番・尾関

 くじ番号1番と2番を引き当てた、本来開幕試合の対戦カード。台風による日程変更で10月20日(日)に行われた。江戸川区球場での秋季東京都大会一回戦、東亜学園学習院との一戦はコールドゲームで東亜学園学習院を圧倒した。

「上出来です」

試合後、東亜学園・武田 朝彦監督は選手たちへの労いの言葉で試合を振り返った。

 今夏初戦敗退を喫し新チーム始動が早かった東亜学園。丁寧な準備を行い、この秋の大会に挑んだ。一次予選を突破し迎えた本大会初戦は、投打が噛み合い培ったチーム力で勝利を手にした。

 試合が動いたのは3回。学習院は1番・佐藤 義仁のソロホームランで一点を先制した。しかしその裏、東亜学園は一死満塁の好機に4番・尾関 翔来が右中間に走者一掃適時三塁打を放つと、5番・長久保 京介の打席の3球目の暴投の間に自らもホームを踏み、この回一挙4得点で逆転に成功した。

 一次予選2試合で1安打と不調だった尾関は、「1打席目、(武田監督から)外からバットが出ていると言われたので、それを意識して打席に入りました。追い込まれて少し焦りはありましたが、うまく拾えました」と振り返り、復調の兆しとなる一本がこの試合の殊勲打となった。

 東亜学園は3回から毎回得点で6回までで8点を取り、大きくリードを奪う。3回にソロホームランを浴びたエース・深堀 力斗だったがその後危なげない投球で学習院打線に反撃の隙を見せなかった。ここ数日体調を崩してしまい、万全な状態ではなかったというが、エースとしての仕事をしっかり果たした。

 今日の投球に関して深堀は「今日は少し球が抜けているところがありましたが、試合間で修正しきれませんでした。これからもっと難しい試合になってくると思うので、次の試合はしっかりコースにいい球を投げたいです」と5回1失点の好投ながら、次戦に向けた課題を淡々と語った。

 自身のピッチングスタイルについては、「カーブはコントロールを重視して、自分は直球はそんなに速くないので、緩急を使うことを意識しています」とその持ち味通り緩いカーブでタイミングを外し、最後まで学習院打線に的を絞らせなかった。

 本大会初戦をコールドゲームでものにした東亜学園。次戦に向け武田監督は「同じ戦いしかできないので、次の試合もこの試合と同様にミスを無くして、最後に一点でも多く勝っていられるようにしたい」と大量得点で勝利した試合だったが、あくまでも守り勝つ野球を掲げ、言葉を締めくくった。

(文=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。