関東一、3人の投手リレーと、そつのない攻めで日大鶴ケ丘を下す



関東一先発投手・星瑠斗

 甲子園で準々決勝に進出し、国民体育大会で優勝した関東一は、新チームを作る過程にある。三塁手だった初谷 健心が二塁手になるなど、1次予選とはポジションなどの移動があり、守備位置と背番号が一致しない選手も多い。

「調子のいい選手を起用していきました」と米澤貴光監督が語る関東一は、背番号10の横手投げ、星瑠斗を先発投手に起用した。

 強豪校である日大鶴ヶ丘は、星の立ち上がりを突く。あっさり二死になったものの、3番・西岡良祐がライトオーバーの二塁打を放つと、5番・保坂大輝が右前安打で還し、日大鶴ヶ丘が1点を先制した。

 日大鶴ヶ丘は背番号15の細身の右腕・中條凌佑が先発する。1点を先制された関東一は、「先頭打者は絶対に出る」という強い意志で臨んだ1番の初谷がライト線に二塁打を放つ。すると2番・小野寺 勇輝の送りバントと敵失で一、三塁とし、3番・重政 拓夢の遊ゴロの間に生還し、同点に追いつく。その際、小野寺は二塁でアウトになったが、残った重政が二盗し、5番・渡邊貴斗の中前安打であっさり逆転する。

 日大鶴ヶ丘は2回表、二死二塁から1番・寺田孔也の中前安打で同点に追いついた。

 しかしその裏関東一は、7番・藤田七五斗が右中間を破る二塁打を放つと、犠打2つで再度勝ち越した。

 ここから関東一は先発の星、5回から登板した二番手の領家 佑馬が、走者を出しながらも得点を許さない。日大鶴ヶ丘にとっては、3度の二盗失敗があったことが大きかった。関東一の背番号3の捕手・渡邊の正確な送球が光る一方で、日大鶴ヶ丘の攻撃は、ややちぐはぐな印象を受けた。

 それでも日大鶴ヶ丘は、先発の中條、5回途中から登板した背番号1の近藤大揮が好投し、関東一に追加点は与えない。

 関東一が追加点を挙げたのは、6回裏だった。この回先頭の5番・渡邊のライト線の打球を、日大鶴ヶ丘の右翼手が打球処理を誤り三塁打とする。すると6番・岡澤 敦也が中犠飛で還し、貴重な追加点となる。この試合関東一が挙げた4点のうち、適時打は1回裏に渡邊が打った中前安打だけ。あとは犠打や内野ゴロで得点を挙げており、試合巧者ぶりを発揮した。

 8回から関東一は、背番号1の左腕・今村 拓哉を投入。今村は走者を出しながらも得点は許さず、4対2で関東一が勝利した。

 試合後関東一の米澤監督は、「まだまだ」という言葉を繰り返した。米澤監督は、「ヒットとよりも、打ち取られ方が気になります」と語った。そつなく得点を挙げて勝利したものの、本領発揮は、まだまだこれからといったところだ。強豪校が集まる激戦のブロックに入っているだけに、今後、どのようにチーム力を挙げていくか、気になるところだ。

 日大鶴ヶ丘は例年、夏に向けてじっくりチーム力を上げている。関東一と互角に渡り合ったことで、今後の成長が楽しみなチームである。

(文=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。