明大中野八王子、エースで主将の江口執念の投球で優勝候補・二松学舎大附を破る



明中八王子・江口陽太

 高校野球では安易な予想はできないが、今大会はトーナメント表の左側に強豪校が集まっており、右側のゾーンでは、二松学舎大附が最有力候補になっていた。実際、試合前のノックなどを見ていても、レベルがワンランク違うという感じがした。しかしながら、二松学舎大附の決勝進出を阻止する可能性のあるチームの一つとして、想定されるのが明大中野八王子であった。この両校の対戦は、1回戦で当てるのはあまりにもったいないと思わせる好ゲームになった。

 二松学舎大附の先発は、先輩の大江 竜聖(巨人)ほどの球威はないものの、雰囲気は似ている1年生の左腕・秋山 正雲明大中野八王子は経験豊富で主将でもある江口陽太が先発した。

 序盤は両投手の投手戦であった。先取点を挙げたのは、明大中野八王子であった。4回表一死後、3番・須江 陽海が、遊撃手の後方にフラフラと落ちる安打で出塁し、5番・花岡秀太の四球で一、二塁とし、6番・土屋風仁の中前安打で須江が生還した。

 その裏二松学舎大附もすぐに反撃し、小熊康平の左前適時打などで同点に追いつく。

 さらに5回裏二松学舎大附は、四球で出た2番・栗本 優伸が飛び出して一、二塁間に挟まれたが、明大中野八王子は挟殺プレーに失敗し、栗本は二塁に進む。続く3番・杉山友斗の中前安打で栗本が生還した。明大中野八王子には嫌な展開になったが、慌てなかった。

 6回表には今度は敵失で出た走者を6番・土屋風がまたも中前適時打で還し、同点に追いついた。

 こうなると試合は活発に動き出し、二松学舎大附は7回裏二死二、三塁から3番・杉山の中犠飛で1点を勝ち越すと、この試合4安打と当たっている4番。中沢 海斗の中前安打でさらに1点を追加した。

 二松学舎大附を相手に2点差は厳しいと思われたが、明大中野八王子には、運も味方する。

 8回表明大中野八王子は安打2本と四球で一死満塁とする。打席には代打の山岡慎。山岡の打球は平凡な右飛に思われたが、右翼手の中沢は打球を見失う。曇りで暗くなるのが早く、午後3時20分過ぎには早くも点灯しており、照明が目に入ったようだ。これで2人が帰り、同点に追いつく。

 9回表明大中野八王子の2番・福本 真士が三塁線を破って出塁すると、二松学舎大附は投手を右腕の内井に交代する。4番・黒島 拓実の右前安打など一死一、三塁。続く5番・花岡の打席で、一塁走者の黒島がスタートを切ると、二松学舎大附の二塁手が二塁ベース方向に動き出す。そこで花岡は一、二塁間を破る適時打を放つ。二塁手が定位置にいれば処理できたであろう打球だった。勢いに乗った明大中野八王子は土屋風の二塁打などでさらに2点を追加して試合を決めた。

 優勝候補の二松学舎大附を破った明大中野八王子の椙原貴文監督は、「負けないという気持ちが強く、やってくれると思っていました」と語る。

 明大中野八王子はメンバーの多くを1年生が占める。それでも、この試合で決定的な役割を果たしたのは、花岡、土屋風、山岡といった2年生であった。そしてその中心にいるのは、1年生の夏大会から公式戦のマウンドを経験しているエースで主将の江口であった。江口は粘り強い投球で、チームの勝利を呼び込んだ。「(相手の)1年生に負けるわけにはいかない。気持ちで勝つしかないと思っていました」と語る。

 主将として、チームの目標はジャイアントキリング。優勝候補の二松学舎大附に勝ったので、目標達成かと思いきや、この試合に関しては、「勝てると思っていました」と語る。強気の投球の右腕は、一躍この秋の東京の主役候補に躍り出た。

 敗れた二松学舎大附は、選手個々の力は高いものがある。ただその力を、チーム全体の力として機能させる何かが足りない気がする。その何かが埋まれば、十分戦えるはずだ。

(文=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。