強力創価打線が爆発!5回15安打15得点で快勝!



本塁打を放った河合圭聖

 夏の西東京大会で準優勝に終わった創価。一方、秋に日大三を破って注目を集めた目白研心。実力を持った両校が秋季東京都大会の1回戦で激突した。

 初回、創価は1番・島本 康平がレフト前でチャンスを作ると、2つの四球で満塁としたところから6番・谷藤 大二郎の二塁打。さらに7番・河合 圭聖のタイムリーで一気に4点を先取。続く2回には4番の高沢 春佑の二塁打に、7番・河合の本塁打で一挙6得点。これで10対0として試合の主導権を握った。

 創価の先発はエース・森畑 侑大。セットポジションから始動する投球フォームで、軸足の踵を少し浮かせながら足を上げ、角度を付けたストレートにはバラつきがあるもの、威力は十分。そこに切れ味鋭い変化球も織り交ぜ、目白研心打線に反撃の隙を与えない。

 すると、3回には犠牲フライ。4回には4連打を集めて4点を入れて目白研心を突き放した創価。15対0の5回コールドで2回戦進出決めた。

 試合後、片桐監督は「初回に相手ピッチャーが安定する前に打てたのは良かった。しかし、打線は水物だというのは選手たちが一番わかっていると思います」と冷静に試合を振り返る。

 選手たちには「自分のポイントまで引き付けて逆方向」の指示を出した片桐監督。この指示が効いたのか、5回で15安打15打点と活発だった。その中で輝いたのは1番の島本と7番の河合の2人だ。

 1番・島本は4打数4安打2打点と1番として機能した。「彼が出ると勢いづく」という片桐監督の言葉通り、打線に火をつけた。
 「昨日のバッティング練習からバットの出だしを少し早くしたら調子が上がってきました」とコメントした島本。あまりフォームには癖がないが、踏み出した左足に体重を乗せているのが印象的なフォーム。だから身長162センチ体重63キロと小柄ながら広角に長打を打てるのだ。

 そして公式戦初本塁打を放った河合は、「インコース低めのストレートで公式戦は初めてでした」と嬉しい一発。そんな河合は西武ライオンズの山川穂高選手を参考にしている。
 「グリップの位置を下げた方がバットがスムーズに出るので、参考にしています」

 島本、河合だけではなく創価というチーム全体が選手のポテンシャルが高く、完成度の高いチームという印象を受けた。やはり、夏の準優勝校は伊達ではないというところを見せてくれた試合だった。

(文=田中 裕毅)