2019年10月15日 多摩市一本杉公園野球場

桜美林vs都立練馬

2019年秋の大会 東京都大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

延長14回の死闘を制した桜美林が2回戦へ



桜美林・高橋希生

 台風の影響で14日よりスタートした秋季東京都大会。15日の多摩一本杉球場では桜美林都立練馬が激突。1回戦とは思えないような白熱の試合展開となった。

 試合を成立させたのは2人の投手。都立練馬の1年生右腕・林和樹と桜美林の背番号8の高橋希生の両先発投手だ。
 都立練馬の林は緩いカーブと横のスライダーを駆使する技巧派投手。セットポジションから始動し、ゆっくりと少しひねりながらを足を上げる。そこからクイック気味にトップを作る。左腕を壁にしながら重心を前に運び、スリークォーターの高さから腕を振り抜く。

 球速そのものは決して速いわけではないが、カーブでタイミングを外し、スライダーはフロント、バックサイドドアの両方を巧み使う。この投球を前に、桜美林打線に攻撃の隙を与えない。

 一方、桜美林の高橋は力強いストレートが魅力的な投手。ワインドアップから始動して、一度右膝を折る。ここで一度タメを作り、左腕と足を三塁側に伸ばして体の開きを抑えながら重心移動して力強いストレートを投げ込む。さらに、カーブとチェンジアップと緩急を使って、ストレートをより際立たせることで、都立練馬打線に攻撃の隙を与えない。

 両チームの先発の好投は5回まで続き、勝負は後半戦へ。
 すると6回、8番・林が内野安打から2番・松川文大に三遊間を破り、先取点を都立練馬が奪う。追いかける桜美林は8回、代打・橋本拓磨の死球からチャンスを作り、押し出しで同点に追いつくと、二死から8番・皆川楓馬のタイムリーで逆転に成功した。

 だが都立練馬が8回、6番・杉浦正馬の二塁打からチャンスを作り、途中出場の木下翔真がスクイズ。これが見事に決まり、2対2の振りだしに戻り延長へ突入する。

【次のページ】 桜美林vs都立練馬(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
国士舘、2年連続7回目の優勝!決勝戦を徹底レポート【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
国士舘が2年連続優勝!中西が強打・帝京を2安打完封!【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第936回 【西東京大会・準決勝展望】東海大菅生vs国学院久我山、桜美林vs創価 ファイナルへ進むのは?【大会展望・総括コラム】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第802回 総合力の東海大菅生が優勝最有力候補?ベスト8の顔ぶれと対戦カードのポイント!【大会展望・総括コラム】
第507回 桜美林大学 大平 達樹選手「教えた方々のアドバイスを無駄にしなかった」【後編】 【2017年インタビュー】
第505回 桜美林大学 大平 達樹選手「打者の動きを見てのリードを心がけよう」【前編】 【2017年インタビュー】
桜美林 【高校別データ】
都立練馬 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る