終盤に武蔵村山投手を捉えた紅葉川、鮮やかな逆転勝ち



紅葉川・石田北飛君

 この秋の新チームから、前任の田河清司監督(現葛飾野外部コーチ)が夏の大会で退いたのを受けて高橋勇士監督が就任した紅葉川。この春、助監督を務めていた都立片倉から異動してきたのだが、都立城東出身でもあり、下町でもある都立紅葉川はいわば地元とも言えるところだ。

 秋のチームは、試合を重ねていくごとに、見違えるように成長していくという。紅葉川も、3年生が主体でかなりのレベルになっていた前チームからすっかりメンバーが一新してのスタートである。そして、チームスタッフも高橋監督はじめ、責任教師の松﨑陽介部長、小張泰幸助監督といずれもこの春に異動してきた顔ぶれだ。そんなニュー都立紅葉川だが、「のったら強い、下町気質の野球」は十分に継承していた。

 初回には四球の走者を連続盗塁を許して三塁まで進めてしまい4番長谷川君の中前打で先制を許した紅葉川。2回も四球の走者をバントと野選で三塁まで進めて、スクイズを外しながらも三本間のランダウンプレーで生かしてしまって生還を許すという形での失点。この2点が、中盤まで思いのほか重く堪えていた都立紅葉川。6回には、暴走で本塁憤死もあって試合の流れとしては決して良くなかった。

 それでも、3回に石田君が三者凡退に抑えてから、石田君自身の投球のリズムがよくなってきて、徐々に打線も武蔵村山の武元君を捉え始めてきていた。そして7回、四球とバント、2番松本君の中前打などで二死二三塁としたところで3番菅原君も中前打して1点を返した。しかし、二塁走者は本塁で刺されて1点止まり。高橋監督は、「ここで同点に出来なかったのは痛いと思った」と言う。

 ところが都立紅葉川は8回にも、四球と盗塁に石田君の安打などで無死二三塁として、6番佐藤惇生君の内野ゴロの間に三走が帰りついに同点。さらに名倉君は三塁へセーフティースクイズを決めてついに逆転。なおもチャンスが続いたが、三直併殺となった。それでも、ここで逆転して流れを一気に変えたのは大きかった。

 都立武蔵村山の井上雅章監督は、武元君を8回まで。9回からは一塁手として入っていた永岡君と入れ替えた。


 都立紅葉川の勢いは、それでも屈せず9回は四球、バント安打に菅原君の右前打と四球。さらには捕逸、暴投なども相次いでこの回一挙に4点。終盤3イニングは完全に都立紅葉川の流れだった。こうした勢いづき方というのは、もはや都立紅葉川の伝統と言ってもいいくらいであろうか。

 高橋監督は、「打てないチームですから、いろいろ仕掛けていきたかったんですけれども、前半はなかなか歯車が合いませんでした。本塁で3度も刺されているなど、走塁の判断もよくなかった。それに、点の取られ方もよくなかった」と反省しきり。しかし、「チームとしては、練習試合でも多く経験してきていますし、自分たちは終盤には強いぞという意識は自然に出来てきている」と、終盤でひっくり返せたことに関しては、チームとしての力になってきたと感じて、自信となっていっているようだ。

(文=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。