佼成学園、ほぼスキのない野球で都立片倉に圧勝



4番の佐藤凜(佼成学園)

 2年前の秋季都大会準優勝の佼成学園と、都立の強豪・都立片倉の一戦は、雨が降り続く悪コンディションをものともしない、佼成学園の強さが光った一戦だった。

 都立片倉は細身の左腕・大西和輝が先発。1回裏佼成学園は1番・飯森太慈が中前安打で出塁すると、2番・小柴滉樹が投前にバント。大西は思い切って二塁に送球したが、間に合わず無死一、二塁となった。「ピッチャーは守備がうまいので、投げてしまいました」と、都立片倉の宮本秀樹監督は語る。

 ただこの日は、雨のためグラウンドが滑りやすく、やや無理な送球であった。佼成学園は3番・森慎之介が送り、身長168センチとやや小柄な4番・佐藤凜が右前安打で還して、1点を先制する。藤田直毅監督によれば、佐藤は小柄だが、パワーがあり、足もある4番打者だという。

 それでも都立片倉の大西は、後続の打者は抑え、初回を1点で切り抜けたのは上出来であった。けれども投球は安定せず、2回裏も四球3個で満塁となったが、左翼手・角田 樹一希の好守もあり、ここも無失点で切り抜けた。

 しかしながらこうした投球では、いつまでも抑えることはできない。3回裏佼成学園は、四球で出た走者を7番・野沢 京平が左中間への二塁打で還し1点を先制すると、8番で先発投手でもある平澤 燎の左前安打で1点を追加。なおも四球を挟んで、1番・飯森の左中間を破る二塁打で1点を追加した。

 ここで都立片倉は大西に代えて二塁手の中川武をマウンドに送る。野手でも投手としての素質を見極め、育てることには定評のある宮本監督らしい投手起用である。しかし中川は立ち上がり2者連続の四球で押し出しになったのに続き、4番・佐藤に右前安打を打たれ追加点。佼成学園はこの回5点を入れる。



佼成学園の先発・平澤燎

 佼成学園の先発・平澤は、高めの球に威力があり、都立片倉の宮本監督が、「打てる感じがありませんでした」と語るように、ほぼ完璧に抑える。

 都立片倉の2番手・中川は、4回、5回は無失点で切り抜けたが、6回裏は5番・堀川拓真の二塁打に、失策なども重なり2点を追加され8-0。

 この回2点以上を取らないとコールドが成立する7回表、都立片倉は相手の三塁手の捕球ミス(記録は安打)に2番・関陽翔の右前安打で一死一、三塁とし、3番・松永駿希の右犠飛で1点を返したが、反撃もここまで。8-1で佼成学園が7回コールドで勝利した。

 藤田監督が「守りはいいチームだと思います」と語るように、7回にやや失策に近いミスはあったものの、悪コンディションにも関わらず、危なげのない試合をしており、夏の練習の成果を感じさせる。2回戦は22日に市営立川球場で都立紅葉川と対戦する。

 敗れた都立片倉は、まだ試行錯誤の段階。宮本監督は投手について、「苦しんでいます。いろいろ試しているところです」と語る。今回の台風では校舎に被害があったという。都立の環境の中でもいいチームを作ってきているだけに、ベテラン監督の育成手腕に期待したい。

(文=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。