強風が吹き荒れる中、都立日野、本塁打1本、二塁打7本で圧勝



二塁打2本の活躍を見せた加藤和秀(都立日野)

 1次予選、最後の試合は、都立日野都立戸山という、都立勢同士の試合になった。雨天による日程変更もあり、両チームとも、前日に続く連戦になった、こうなると、選手層が厚い日野が優位になる。

 日野は、夏は国士舘戦にも登板した関口勇気が、戸山は左の軟投派の信田真秀が先発した、日野の嶋田雅之監督は、「こういうタイプの投手は、はまれば怖いです」と語る。けれども、しっかり引き付けて打った日野打線は、信田の遅い球も全く問題にしなかった。

 まず1回表戸山は、1番・沖山響が風にも乗って右中間を破る二塁打を放つ。台風7号から変わった温帯低気圧の影響で強風が吹き荒れており、試合にも影響を与えていた。しかし岡田は、後続の打者を落ち着いて打ち取り、得点は与えない。

 その裏から、日野の猛攻が始まる。口火を切ったのが1番の武内丈の中前安打だった。武内はすかさず二盗をし、2番・浜田鉄太のバントは内野安打になり、3番・樋口 恵斗の中犠飛でまず1点を先制する。この後、7番・加藤和秀の二塁打を含め安打4本と四球2個に打撃妨害などもあり、さらに5点を追加した。

 日野の先発・岡田は大量リードを背に落ち着いた投球をする。4回は加藤千滉、5回は木下 孔晴と続く投手リレーも危なげがない。

 打つ方では、2回は樋口の二塁打などで3点を追加。3回裏には5番・魚田龍之助、6番・関口、7番・加藤千滉の3者連続の二塁打などで4点を追加する。

 4回裏の日野は、この回から登板している加藤千滉の風に乗った打球がライトの柵越えの本塁打となる。さらに代打攻勢を仕掛けたが、層の厚さを示すかのように安打などを連ね、4回だけで6点を追加。19-0の5回コールドで日野が圧勝した。

 戸山は昨年の春季都大会に出場するなど力をつけているが、都立の強豪・日野の壁は厚かった。
 一方都立日野は、「ライト打ちの練習をしてきたことが生きました」と嶋田監督は語る。引っ張って、ひっかけないようにする練習の成果が、ライト方向に強い風が吹くこの試合で生きた。

 勝った日野は都大会に出場する。「そんなに弱くないと思っています」と嶋田監督は語り、遠慮気味の言い方ではあるが、自信をのぞかせた。 

(文=大島 裕史)