2019年09月23日 桐朋グラウンド

都立日野vs都立戸山

2019年秋の大会 東京都大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

強風が吹き荒れる中、都立日野、本塁打1本、二塁打7本で圧勝



二塁打2本の活躍を見せた加藤和秀(都立日野)

 1次予選、最後の試合は、都立日野都立戸山という、都立勢同士の試合になった。雨天による日程変更もあり、両チームとも、前日に続く連戦になった、こうなると、選手層が厚い日野が優位になる。

 日野は、夏は国士舘戦にも登板した関口勇気が、戸山は左の軟投派の信田真秀が先発した、日野の嶋田雅之監督は、「こういうタイプの投手は、はまれば怖いです」と語る。けれども、しっかり引き付けて打った日野打線は、信田の遅い球も全く問題にしなかった。

 まず1回表戸山は、1番・沖山響が風にも乗って右中間を破る二塁打を放つ。台風7号から変わった温帯低気圧の影響で強風が吹き荒れており、試合にも影響を与えていた。しかし岡田は、後続の打者を落ち着いて打ち取り、得点は与えない。

 その裏から、日野の猛攻が始まる。口火を切ったのが1番の武内丈の中前安打だった。武内はすかさず二盗をし、2番・浜田鉄太のバントは内野安打になり、3番・樋口恵斗の中犠飛でまず1点を先制する。この後、7番・加藤和秀の二塁打を含め安打4本と四球2個に打撃妨害などもあり、さらに5点を追加した。

 日野の先発・岡田は大量リードを背に落ち着いた投球をする。4回は加藤千滉、5回は木下孔晴と続く投手リレーも危なげがない。

 打つ方では、2回は樋口の二塁打などで3点を追加。3回裏には5番・魚田龍之助、6番・関口、7番・加藤千滉の3者連続の二塁打などで4点を追加する。

 4回裏の日野は、この回から登板している加藤千滉の風に乗った打球がライトの柵越えの本塁打となる。さらに代打攻勢を仕掛けたが、層の厚さを示すかのように安打などを連ね、4回だけで6点を追加。19-0の5回コールドで日野が圧勝した。

 戸山は昨年の春季都大会に出場するなど力をつけているが、都立の強豪・日野の壁は厚かった。
 一方都立日野は、「ライト打ちの練習をしてきたことが生きました」と嶋田監督は語る。引っ張って、ひっかけないようにする練習の成果が、ライト方向に強い風が吹くこの試合で生きた。

 勝った日野は都大会に出場する。「そんなに弱くないと思っています」と嶋田監督は語り、遠慮気味の言い方ではあるが、自信をのぞかせた。 

(文=大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本ウェルネスvs都立日野【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
秋季大会一次予選前の最後の調整!総合工科、日野、紅葉川の練習試合の様子をレポート 【ニュース - 高校野球関連】
都立総合工科vs都立日野vs都立紅葉川【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
都立練馬vs都立日野【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
都立日野が金星!センバツ出場の国士舘を撃破! 【ニュース - 高校野球関連】
城北vs都立戸山【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立日野vs都立青梅総合【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第810回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第451回 佐々木 千隼(都日野-桜美林)「意識改革でドラフト1位投手へ成長!」 【2016年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
都立戸山 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る