2019年09月21日 片倉高校グラウンド

日本ウェルネスvs都立狛江

2019年秋の大会 東京都大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

打線で攻め立てた日本ウェルネスが都大会への切符を掴む



本塁打を放った井崎と森選手(日本ウェルネス)
【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 東東京で夏は3回戦で姿を消した日本ウェルネス。対するは西東京大会で4回戦で敗退した都立狛江。近い実力を持った同士の対戦は拮抗した対戦となった。

 2回まで互いに0点に終わるが、3回、日本ウェルネスが9番・才所がヒットで出ると、盗塁などで二死三塁とすると、3番・苅部が変化球を捉えて二塁打で先取点を奪う。
 さらに5回には二死満塁とすると、5番・井崎のレフトフェンスを越える満塁本塁打で一挙4得点で5対0。6回には1番・窪田の二塁打で6対0と点差を広げた。

 6回と7回にそれぞれ失点するも、7回に4番・森の本塁打で取り返してダメ押し。7対3で日本ウェルネス都立狛江を下して勝利した。

 序盤こそ、日本ウェルネス打線は都立狛江の先発・武内からチャンスを作るも、なかなか点数に結び付けられなかった。しかし、全体的にあまり大きなテイクバックなど反動を使うのではなく、コンパクトなスイングが印象的。豪快さとは違う、鋭さを持ったチームで、バット自体はしっかり振って、野手の間を抜いていく打球が見受けられた。

 その中でジャスミートすれば、パワーで外野の頭を越していく。非常に力を持っており、また違った脅威がある打線だ。
 「グランドがないので毎日バッティングできないですが、工夫をしながらしっかりと練習をしてきた」と美齋津監督は、ここまで限られた条件の中で打線を仕上げてきたことを語った。

 そんな中、満塁本塁打を放った井崎は自身のバッティングについて、「頭がつっこまないようにするためにノーステップ打法にしていて、あとは後ろに繋ぐことができるように、ポイントを手元に寄せるようにして打つことを心がけています」と長打というよりも単打を打つことに重きを置いてきた結果だった。

 またダメ押しとなる本塁打を放った森はここまで選球眼を鍛えてきた。
 「選球眼を鍛えるために、バッティングでは際どいところに投げてもらって、見極められるようにしました。そうすることで、後ろのバッターにより多くボールの球筋やピッチャーのフォームを見せられるようにしてきました」

【次のページ】 日本ウェルネスvs都立狛江(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本ウェルネスvs首里【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
帝京が関東一との打撃戦を制しベスト8!創価や日本学園なども勝利しベスト16に!【秋季東京大会・26日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
日本ウェルネスvs都立日野【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
「たまたまそこで差が出た」日本ウェルネスが都立日野を下しベスト16入り!【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第968回 長野県秋季大会展望 北信越大会に出場するのはどこだ!【大会展望・総括コラム】
日体大荏原vs日本ウェルネス【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
日本ウェルネスvs早稲田【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
啓明学園vs日本ウェルネス【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第520回 勝負を楽しむ気持ちを継続し、僅差で勝てるチームへ 目白研心【後編】【野球部訪問】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第420回 日本ウェルネス高等学校(東京) 渡部健人選手 「かっ飛ばせ!神宮のスタンドへ!」  【2016年インタビュー】
日本ウェルネス 【高校別データ】
都立狛江 【高校別データ】

応援メッセージ (1)

日本ウェルネス頑張れウェルネス敗者 2019.09.23
本大会出場おめでとうございます
本大会では、一戦必勝で頑張ってください
そして、選抜甲子園を目指して頑張ってください

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る