2019年09月15日 日大二高立川グラウンド

日大二vs都立四商・東洋・日本橋

2019年秋の大会 東京都大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

圧巻!4回7Kと快投した日大二 エース・折笠が投打で活躍!



日大二 エース・折笠利矩
【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 2019年度 秋季東京都高等学校野球大会 一次予選 第24ブロック

 9月15日(日)、日大二立川グラウンドで行われた、第二試合目。都立四商・東洋・日本橋対日大二は、0対11(5回コールド)で日大二が完勝し、本大会出場を決めた。

 この試合、輝きを放ったのは日大二のエースの折笠 利矩。投げては4回7奪三振、打っては2安打2打点と投打で活躍した。

 圧巻だったのは2回の折笠の投球。都立四商・東洋・日本橋打線の5、6、7番を三者連続三振に仕留める。

 三振について折笠は、

 「追い込んでからは三振を狙いましたが、それでも球数を考えて打たせてとることを心がけました」

と語り、あくまでも三振はアウトの一つであるという姿勢が伺えた。

 その折笠は力のある直球と速いスライダーでカウントを取り、緩急で三振をとったシーンが目立った。この球種について、

 「緩いボールはカーブで、1番自信のある変化球は速いスライダーです」

と、淡々と教えてくれた。



自身の投球について教えてくれた 日大二・折笠

 この試合、多くのバッターが見逃した速い直球について、普段の練習での意識としては「スピードよりコントロールを重視している」と球速に対するこだわりは感じさせなかったが、都大会でも力で圧倒できる素質は十分に感じた。

 本大会に向けて意気込みを聞くと、「本大会でも、しっかりと抑えて、最後勝って優勝できるように頑張りたい」と熱い思いも聞かせてくれた。

 投打で圧倒し、5回コールドゲームで試合を制した折笠擁する日大二。本大会での躍進を期待したい。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】【東京の高校野球】
【21世紀枠推薦校】本日発表!9地区の21世紀枠推薦校の決定前に45校の推薦校をチェック! 【ニュース - 高校野球関連】
【21世紀枠推薦校】21世紀枠推薦校が続々と決定!一覧を見ていこう 【ニュース - 高校野球関連】
第647回 徹底した体作りで選手を鍛え上げる日大二(東京) 打撃力の「一点突破」で夏に飛躍を【野球部訪問】
第241回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち  骨太の二刀流・折笠 利矩(日大二)【ドラフト特集コラム】
創価vs日大二【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大二vs都立小山台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
佼成学園vs都立片倉【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立紅葉川vs都立武蔵村山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
大森学園vs東京成徳大高【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第69回 日大二(西東京)「目指すのは日本一”熱い”夏!」【僕らの熱い夏2019】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
日大二 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る