主将・島崎陵馬

 試合後、「攻撃はウチらしくできましたが、守備でほころびが出た。ここまでミスがなかったので、想定外でした」と反省の一言を語った豊田監督。また「力がない分、フライアウトが増えました。バットを振る力を付けないといけないです」と打撃陣に課題を上げた。そのうえで、「この経験を次に生かしてほしい」と都大会への期待も話した。

 今日の試合をさらに振り返ってもらうと、「相手の先発がアウトローにピタピタ来ており、四球も出さない。なので、左打者でチャンス作って、右打者で返そう」と打線を組み替えた。その中でキーマンは主将の島崎だった。

 旧チームから出場する島崎は、丸 佳浩のようにヒッチを小さく入れてタイミングをはかる。そこでしっかりを間を作り、一気に振り抜く。この試合では5打数2安打1打点と結果を残して見せた。
 「外のボールをどう打つか課題でしたので、2打席目で右中間へ打てたのは良かったです。ただ、そのあとの3打席は力んでしまい凡退したのは納得できないので、もっと結果を残したいです」

 その島崎が大事にしているのは最短距離でバットを出すことだ。
 「今までは後ろを大きくしていたのですが、それでは詰まってしまうことが多かったです。なので、肩口からバットを出すようにして最短距離で出して、コンタクトできる確率を上げています」
 そこで参考にしたのが履正社井上 広大。体の大きさはもちろんだが、インコースへの反応。そして最短でバットを出して捉えていく打撃技術を参考になっているそうだ。

 「個々の力を高めつつ、今回ベンチ外の選手の見ながら都大会に向かっていければと思います」と再度チームを底上げいくことを語った豊田監督。昨秋は8強に入って躍進した。岩倉が再び躍進するために、今一度チームを鍛え上げる。

(文=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。