谷が被安打2の完封!主将・渋谷が3打点!関東一、都立小山台を破り甲子園へ

 都立校としては初めて2年連続で決勝戦に駒を進めた伝統校である都立都立小山台が悲願の甲子園初出場なるか、それとも、関東一が3年ぶりの甲子園出場を決めるか。猛暑の中、神宮球場は2万人の観衆が集まり、熱気に包まれていた。

 関東一の先発は背番号10の速球派の谷 幸之助都立小山台は全試合に完投している安居院勇源だ。
 谷は好不調の波が激しいのが欠点だった。1回表1番・池本 仁志を四球で出す。関東一の米澤貴光監督は思わず、「いい加減にしろと」思った場面であった。さらに3番・笠原柊真の三ゴロを、1年生の初谷 健心のエラー。一死一、三塁と関東一はピンチを迎える。ここで谷はあわてず、4番・吉田大晟を遊ゴロの併殺に仕留め、無失点に終わる。両チームにとって、大きな意味を持つ、1回表の攻防であった。

 それでも都立小山台の安居院も落ち着いた投球で、序盤3回に得点を与えない。一方の谷は、2回、4回とその回の先頭打者に四球を与える不安定な内容。関東一の米澤監督が、「持ち味と紙一重です」という不安定さがあるものの、以前の谷なら、四球を連発して自滅したかもしれない場面でも、しっかり持ちこたえる。「変化球で内野に打たせることを意識しました」と谷は語る。そこにこの1年の成長を感じる。

 先取点を挙げたのは関東一だった。4回裏、この回先頭の2番・村岡 拓海の右中間を破る三塁打を放ち、4番・平泉 遼馬の右前安打で1点を入れる。さらに平泉は二盗に、5番・野口 洋介の一ゴロで三塁に進み、主将で6番打者の渋谷 嘉人の詰まった当たりの中前安打で生還し、1点を追加する。

 関東一の谷は5回、6回と四球を出し、背番号1の土屋 大和がキャッチボールを始める場面もあったが、得点を許さない投球を続ける。
 一方スプリットなどの変化球を効果的に使いながら、根気強い投球を続けていた都立小山台の安居院であるが、この大会、1人で投げ抜いているだけに疲れもみえてきた。