好守で流れを作った関東一、8回コールドで決勝進出!日大豊山に関東一の壁

 日大豊山は昨夏も関東一と5回戦で対戦し、4対14の大敗。4年前の夏の決勝戦でも2対14で大敗している。関東一は、日大豊山がもう一段回グレードアップするためには越えなければいけない壁であったが、その壁は、今年も厚かった。

 今大会、ここまで好投してきた日大豊山の横手投げのエース・瀬崎 絢は、初回に思わぬ形で失点する。1回表関東一は1番打者で俊足の大久保 翔太がセンターオーバーのライナー性の打球を放つ。これが外野フェンスに達し転がる間に、大久保は一気に本塁を陥れ、ランニング本塁打となった。
 この試合、前半のキーマンは大久保であった。大久保は3回表にはバントによる内野安打で出塁すると、4番・平泉 遼馬のレフトの前に落ちる二塁打で生還した。

 5回表には大久保はセンターオーバーの三塁打で出塁し、2番・村岡 拓海の中前安打で生還した。

 関東一の先発はエースの土屋 大和。コントロールがいい土屋であるが、この試合ではやや荒れ気味。2回裏はこの回先頭の日大豊山の5番・清水翔斗に死球。ここは併殺で乗り切ったかに思えたが、7番・小池翔に四球で、8番・瀬崎のレフトフェンス直撃の二塁打で日大豊山が1点を入れる。ただ土屋が、「今のコンディションとしては良かったです」と言うように、3回以降はしっかりと抑える。

 5回までを3対1と関東一のリードで迎えた6回表、一死後、この試合はスタメン出場した8番の重政 拓夢の中前安打。二死となり、あと二塁打が出ればサイクル安打になる1番の大久保は四球を選ぶ。すると瀬崎の一塁への牽制が暴投になり、重政が生還。2番・村岡四球の後、3番・平川嶺の左前安打で1点を追加した。ただしその前に大久保は足を吊って臨時代走に代わった後ベンチに下がっており、サイクル安打はならなかった。

 その裏日大豊山は、3番・橋口 采生の二塁打に、2つの四死球で一死満塁となり、5番・清水はセンターへの飛球。大久保の途中交代により右翼手から中堅手に回っていた重政に打球が飛ぶ。重政は低いライナーをダイブして好捕。試合の流れを渡さなかった。不動の中堅手であった大久保が交代した後だけに、「あのプレーが大きかったですね」と関東一の米澤貴光監督が語る。

 6回裏を無失点で切り抜けたことで、試合の流れは完全に関東一になった。

 ここまで好投していた日大豊山の瀬崎は、急に迎えた暑さの中、5回頃から、やや熱中症気味であった。そして8回表に連打を浴びたところで、左腕の鈴木進之助に交代した。関東一はこの回に、5番・野口 洋介の二塁打などで4点を挙げ9対1。8回コールドで関東一が勝利した。

 スコアの上では関東一の大勝であるが、関東一の米澤監督が「逆の展開になってもおかしくない試合でした」と語るように、それほど一方的な展開ではなかった。それでも日大豊山の福島直也監督が、「守りからリズムを作ることができませんでした」と語るように、関東一日大豊山に自分たちの野球をさせなかった。それでも秋、春は1次予選で敗れながらも、夏はベスト4進出する健闘は光った。

 関東一は3年ぶりの決勝進出。決勝戦のマウンドに立つのは、この日8回を投げ切った土屋か、球威のある谷 幸之助か分からない。「どちらが先発しても、後は俺がいるという気持ちでやります」と土屋。3年ぶりの甲子園を目指して、都立小山台と対戦する。

(文=大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】