上野学園・赤坂、最速149キロの力投で修徳を下し、悲願の準決勝進出を果たす

 東京では、準々決勝から勝利した学校の校歌が流れるが、試合後、上野学園の小川貴智監督は、「神宮球場で校歌を歌いたかった。嬉しかったです。言葉が出ません」と。言葉を詰まらせながら語った。

 勝利の最大の立役者は、エースの赤坂 諒。この夏、彗星のごとく出現した新スターだ。その存在は、語られてはいた。しかし、昨夏は故障で出場できず、秋、春は1次予選で敗れ、都大会に出場していない。まさにベールに包まれていたわけだが、この夏は連日登板し、その球威をみせつけている。

 対する修徳は5回戦の大森学園戦で9回裏二死から安打4本を連ね、5年連続で準々決勝に進出している。エース・結城貞斗は、最速は130キロ台の後半であるが、変化球をまじえながら、好投していた。

 この試合、先取点を挙げたのは修徳だった。二死二塁から7番・八十原有輝の中前安打で二塁走者が還った。

 1点を失っても、上野学園の赤坂は冷静であった。初回は140キロ台の速球を投げ込んでいたが、2回頃からややサイド気味のフォームから丁寧な投球をする。「ストライク先行で、抜く時は横からになります」と赤坂は言う。赤坂は落ち着いた投球で、走者を出しながらも得点は与えない。

 局面を変えたのは、赤坂自身のバットだった。5回表四球の川邉瑠雅を一塁に置いて、9番の赤坂の振り遅れた打球はライト線に落ちる二塁打となり、川邉が生還。同点に追いつく。さらに赤坂は送球間に三塁に進み、1番・成川玲央のスクイズで生還。逆転に成功した。

 リードした上野学園は、エース・赤坂が安定感抜群の投球を繰り広げる。中盤は抑えていた球速も、終盤に入ると上がってくる。
 9回表上野学園はこの回から登板した2番手の長柄 壮佑から赤坂が当たり損ねながらレフト前に落ちる安打で1点を追加する。

 粘りの修徳は9回裏、3番の染田棟晧がレフト線の二塁打で出塁する。すると上野学園の赤坂のギアは一気に上がっていく。2アウトを取ってから、最後の打者には149キロを記録。圧巻の投球で試合を締めくくった。

 18日~20日まで3日連続で投げ、中1日の準々決勝でも驚異の投球。上野学園の赤坂は、東東京大会の優勝の行方を左右する存在になった。

 一方、修徳は驚異の粘りでこの大会を盛り上げたが、5年連続で準々決勝敗退となった。今年から指揮官となった荒井高志監督が、秋に向けてどういうチームを作って来るか注目したい。

(文=大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】