岩倉・宮里は力投実らず、都立高島がチーム史上最高タイのベスト8進出を決める

 「立ち上がりは不安でしたが、守備を信じて投げました。ストライク先行の投球が出来たと思います」

 都立高島の先発・高橋は、笑顔で試合を振り返った。
 ベスト8進出を懸けた岩倉との一戦はやや岩倉有利と思われていたが、戦前の予想を覆して、都立高島がチーム史上最高タイのベスト8進出を決めた。

 プロ注目の147キロ右腕・宮里 優吾ではなく、背番号10の櫛田彪雅を先発マウンドに送った岩倉。だが、この櫛田に都立高島打線が襲い掛かった。
 まずは2回、都立高島は先頭の岡元佑稀がスリーベースヒットを放ってチャンスメイクすると、一死となった後に8番・石田晴登の三ゴロの間にホームへ生還。下位打線の繋がりで、都立高島が先制点を挙げた。

 都立高島はその後、岩倉の1番・荻野 魁也に左中間を破るタイムリーツーベースを浴びて同点に追いつかれるが、5回に再びチャンスを迎える。
 5回表、岩倉はヒットや四球などで二死満塁のチャンスを作ると、5番・馬場遼河がライトへのタイムリースリーベースヒットを放って、3人のランナーすべてが生還。大きな3点が岩倉に入り、これで試合の主導権は都立高島が掴んだ。

 援護をもらった高橋は、後半になるにつれて徐々に調子を上げていき、岩倉打線を手玉に取っていく。6回以降に浴びた安打は僅か2本で、5回に満塁のピンチを凌いで以降はピンチらしいピンチも作らず、岩倉打線を徐々に追い詰めていく。

 反対に、追いかける展開となった岩倉は、6回の無死一、二塁のピンチからエースの宮里をマウンドに送る。宮里は、力ある直球を軸に6回を無失点で切り抜けると、ヒットすらも許さない鬼気迫る力投で味方の援護を待つ。

 だが、岩倉打線は最後まで高橋の球を捕らえることが出来なかった。試合はそのまま4対1で都立高島が勝利し、高校史上最高成績タイのベスト8進出を決めた。
 これで都立高島は、準々決勝で都立小山台と対戦することが決まった。島修司監督をはじめとする選手たちは、この夏に最も都立小山台を意識してきたことを明かし、対戦に向けて強い意気込みを示す。島監督は試合を振り返りつつ、都立小山台戦に向けて意気込みを語った。

 「いつも選手たちには守りで攻めようと話しをしていますが、今日はゲッツーもしっかり取れたので攻めることが出来たと思います。都立小山台には昨年の夏に敗れており、小山台に勝とうとやってきました。このいい流れを次につなげたいと思います」

 またリリーフで登板し、打者14人から7三振を奪い、無安打無失点の力投を見せた宮里は、涙ながらに悔しさと将来を見据えたコメントを残した。

 「点を取られる前に投げたかったです。もう一度体を作り直してプロのステージで勝負したいと思います」

 チームが出場を辞退したため、春季大会は登板がなかった宮里だが、最後の最後に大きな存在感は見せた。東東京に記録と記憶を残して、宮里は高校野球の舞台を後にした。

(文=栗崎 祐太朗)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】