劇的サヨナラで修徳が8強へ!

 神宮球場の2試合目、修徳大森学園の一戦は最後にドラマが待っていた。

 修徳は1回に4番・村田修平、大森学園は3回に1番・豊田征也のタイムリーでそれぞれ点数を奪い1対1。序盤から試合は動いていた。

 しかし中盤は修徳2番手・長柄 壮佑大森学園先発・工藤翔午による投手戦で膠着状態に入る。こうなってくると1点を取った方に流れがいくが、それを奪ったのは大森学園

 7回に先頭の上野晟士朗のヒットでチャンスを作り、7番・青柳大海のスクイズで勝ち越しを許す。追いつきたい修徳大森学園の工藤の前になかなか追いつくことができない。

 最終回も二死までなり、修徳はここまでかと思われた。しかし、6番・林泰成のヒットで望みをつなぐと、代打・佐伯遼馬のタイムリーで同点。そして9番・角田紘嗣のサヨナラで修徳が3対2で勝利。劇的な勝利で8強に入った。

 劇的な勝利に試合後の荒井高志監督は、「正直、驚きました」と監督自身も劇的な勝利に信じられない表情を隠せずにいた。

 最終回は二死から4連打が生まれサヨナラとなった。「つながることを信じるしかなかったが、4連打出たのは考えられないです。選手たちが凄いと思います」と最終回の攻防を振り返った。

 この逆転劇を可能にしたのはチームの雰囲気だった。「8回のピンチを脱したときに選手たちが笑顔で戻ってきたんです。このチームはビビったり、悲壮感になったりしないのは強いところなんです。けど信じられないです。」

 これでさらに勢いづいた修徳。このまま一気に頂点に上りたい。

【 速報ページはこちら 】

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】