初先発のエース・武者倫太郎が魅せた!帝京が3戦連続完封で8強へ!

 東東京大会はいよいよ5回戦・ベスト16に勝ち残ったチームの激しい対戦が期待される中、その期待に応える大接戦を演じたのが帝京堀越だった。

 帝京の先発は2年生エース・武者 倫太郎。「最初からここで先発させるつもりだった」と前田三夫監督が期待して送りだした武者は、滑らかな体重移動から身体を縦に回転させ、スリークォーターからカーブとスライダー。最速137キロのストレートをコースに突く素晴らしいコントロールで4回までヒットを許さない完ぺきな投球を披露する。

 一方の堀越の先発はエース・海野晋史朗。こちらは身体をコンパクトに使い、出所が見にくいピッチャー。こちらもスライダーを主体とし、コントロールが良い。その海野から帝京は初回に1番・大内 智貴のセンター前と3番・小松 涼馬の内野安打。さらに5番・加田 拓哉のレフト前でチャンスを作るも、あと一歩が出ず無得点に終わる。

 スライダーを主体としたエースの同士の意地のぶつかり合いは試合を引き締め、両チーム無得点のまま6回へ進む。

 帝京は一死一塁から4番・藤波 怜央のライト前と5番・加田の四球で一死満塁・6番・寺地裕幸はサードゴロに倒れるも、7番・遠藤十壮琉が押し出しの四球を選び帝京が先取点を奪う。

 援護点をもらった武者は8回に堀越の6番・田倉 正翔の内野安打と8番・久保田隼斗のセンター前でピンチを迎えるも、代打・西村智貴をセカンド併殺打に仕留めてピンチを脱する。

 そして9回も無失点に抑え、帝京は3戦連続の完封でベスト8に入った。

 今日の試合でチームの勝利に貢献した武者は、「今日は最初から1人で投げきるつもりでいました」と初めての夏のマウンドにかなりの強い思いを持っていた。

 それもそのはず。同級生の田代 涼太が2戦連続完封。ベンチから見ていた武者は大きな刺激を受けてマウンドに向かった。その武者は今春の国士舘戦でリリーフで1回を投げただけで公式戦のマウンドは経験が浅い。その中で完封勝利は大きな自信につながったはずだ。

 いよいよ甲子園が近づいた帝京。前田監督は「武者はよく頑張りましたが、打線はもう少し調子を上げないといけないですね」と押し出しの1点で止まってしまった打線の復調に期待を込めた。

 武者と田代の左右のWエースが輝きだしてきた。あとは打線が爆発すれば久々の甲子園も射程圏内だ。

【 速報ページはこちら 】

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】