板橋区の都立校対決!都立高島・高橋、被安打5の完封で健闘の都立板橋を破る

 ともに中学生時代などの仲間がいる板橋区の都立校対決。都立板橋はエースで4番である黒岩 真人を中心に、2回戦、3回戦とも2対1というロースコアの試合を制してきた。しかし4回戦は、2日連続の試合であるため、先発投手には左の横手投げの長谷磨音を起用。「黒岩はピッチングに専念させようと思いました」と柴崎正太監督が語るように、エースで4番の黒岩はベンチスタートとなった。

 対する都立高島は、島修司監督が「単打量産のピストル打線です」と言うように、長打は少ないものの打撃は好調。ここ2試合は進境著しい背番号10の藤本真平が先発したが、4回戦は、前のチームからエースである右の横手投げである高橋 涼が先発。「投げたくて仕方なかったです」と語る高橋にとって、満を持しての先発登板であった。

 都立板橋の長谷は、腕の角度を変えながら、緩急をつけた投球で初回を三者凡退に抑える最高の立ちあがり。しかし2回表は、都立高島の4番・峯岸直哉のライトへの大きな飛球が二塁打となる。けれども、5番・馬場遼河のバントは小フライとなり、長谷がこれをダイブして捕球。飛び出した二塁走者も刺して併殺となった。この回を無失点で切り抜ければ、都立板橋に流れがいったかもしれない。

 ところが、6番・岡元佑稀のライトへの大飛球は三塁打となり、続く7番・高橋、8番・石田晴登は四球で満塁。9番・谷康太郎の打球は打ち取られた当たりながら、飛んだコースが良く、三遊間に転がる内野安打になって、都立高島が1点を先制した。

 1点リードをもらった都立高島のエース・高橋の投球は光った。ギアを入れたりしながら、メリハリのある投球をしていたが、特に回の先頭打者には注意を払って全てアウトにしている。それでも2回裏は二死から四球と三失により、都立板橋はチャンスを作るが、2番・三條亨のレフトへの大飛球を都立高島の左翼手・石田が背走して好捕した。