「やりたいことがやれた」王子総合、攻守に溌溂で小松川を下す

 初めてのシード校としての夏を迎えることになった都立小松川。ここまで試合がなく、いささか待たされた感のもあったのも正直なところだろう。しかも、元々そんなにグラウンドが広いわけではないのに、連日の悪天候ということもあって、そのグラウンドもろくに使用できる状態ではなかったという。西山翔監督も、「言い訳になってしまいますから、あまり言いたくはないんですけれども、3日間はほとんどグラウンドも使えず室内練習場があるわけでもありませんので、調整には苦労しました」と語っていた。

 これに対して、都立王子総合は初戦をいい形で勝ち上がっての試合である。この日の、戦いぶりもいい感じだった。

 初回、2回は四球で走者を出すも都立小松川の松村君の、上手な投球に巧みにかわされていた。それでも3回、都立王子総合は一死から失策と四球で一二塁とすると、4番藤田君の左前打で帰して先制。さらに、続く佐藤寛樹君も一二塁間を破る。二塁走者は一旦三塁で止まったものの、送球が乱れる間に本塁に帰ってこの回2点が入った。さらに、4回にも7番荒川君が左中間二塁打すると、手堅くバントで進めて関口暉君のポテン安打で帰す。そして5回にも、関口陸君の三塁打と佐藤君の二塁打でなおも追加。6回は二死走者なしから内野安打と四球で一二塁となると、代打篠田君が右翼線へ三塁打して2点を追加。7回にも荒川君の三塁打でもう1点追加した。

 都立王子総合は手堅さと足を使った積極果敢さと、さらには5本の長打という爆発力などを示して、市川幸一監督としても「ほぼイメージ通りに、やりたいことがやれた」と言うように、予想以上の会心の勝利だったようだ。