都立高島、公式戦初登板の藤本、粘る都立東を振り切り3回戦へ

 都立の強豪、都立高島に、江戸川区球場からも近い都立東が挑んだ一戦。もっとも都立高島は秋も春も1次予選で敗れ、本格的な野球場で公式戦を戦うのは、このチームでは初めて。また都立高島には高橋涼という、前のチームからエースである絶対的な存在がいるが、最近は「細身でしたが、がっちりしてきました。一生懸命やるようになりました」と島修司監督が語る藤本真平が急成長。高橋とWエースの体制を組むようになった。この試合の先発は藤本。公式戦初登板であったあったが、立ち上がりは安定していた。

 先制したのは都立高島だった。2回裏、2四球と内野安打で一死満塁とすると、1番・本多誉の中犠飛でまず1点。さらに2番・臼田吏輝のライトオーバーの二塁打で2人が生還した。

 5回裏には四球の臼田を3番・馬場遼河が送り、4番・峯岸直哉の中前安打で1点を追加。変化球主体で打たせて取るタイプの都立東の先発・吉澤寿騎を攻める。峯岸は二盗などで三塁に進み、5番・斎藤翔磨の内野安打で生還し都立高島はリードを5点に広げる。

 都立高島の一方的な展開になったと思われたが、都立東も粘る。7回表には3番・出牛孝太朗の死球、4番・内山渓太の右前安打に5番・大野由敬が送り、6番・鈴木 啓太は三振かと思われたが、ワイルドピッチで振り逃げとなり、まず1点を返す。さらに鈴木啓が牽制で一、二塁間に挟まれる間に三塁走者の内山も生還した。

 その裏東は、一塁手であった出牛がマウンドに上がったが、都立高島が安打3本を集めて1点を追加して引き離す。

 それでも東は8回表左前安打の栗尾智輝が三塁まで進み、3番・出牛の一ゴロで生還して3点差とする。しかし都立高島はその裏、敵失もあって1点を追加した。

 追いすがる都立東は8回表一死満塁のチャンスを作ったが、藤本が踏ん張り点差を縮められない。結局7対3で都立高島が逃げ切り、3回戦に進出した。

 試合後都立高島の島監督は、夏の大会の雰囲気に選手が緊張していたとして、「もっと普通にやればいいのですが……。バッターも、もっと振っていいのですが、当てに行っていました」と語る。初登板の藤本についても、「硬くなっていました」と語ったうえで、Bチームから高橋とともに主戦を担うまでになった成長には目を細めた。3回戦は順当なら14日に都立目黒獨協の勝者と対戦する。このチームとして初めて球場での公式戦を経験したことで、今後に弾みがつくかもしれない。

■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】

文=大島 裕史