都立板橋、エース・黒岩の丁寧な投球で秋8強の都立城東を破る

 7日が雨天中止になったため、江戸川区球場の開幕戦となった一戦は、過去甲子園2回出場で昨年の秋季都大会8強の都立城東と、好投手・黒岩 真人擁する都立板橋という、都立勢同士の好カードになった。試合は、初戦で対戦させるのはもったいないと思わせる、白熱の好ゲームになった。

 都立城東の先発・原川 雄仁都立板橋の先発・黒岩もともに左腕。球威は原川の方があるが、黒岩は抜群の制球力で対抗した。

 試合は初回から動き出す。1回表都立城東は1番の兼松 千春が丁寧に低めを突く黒岩に対して、うまく合わせて左前安打で出塁すると、2番・鰐渕創太の犠打は野選となり無死一、二塁。いきなりのピンチになったが、黒岩は都立城東のクリーンアップをきっちり抑えて無失点で切る抜ける。

 その裏都立板橋は、1番・小室宥輝の左中間破る二塁打でチャンスを作るも、2番・三條亨のバントは正面過ぎて、小室は三塁でアウト。しかし3番・新藤晴斗は四球、4番・黒岩は遊失で満塁とし、5番・本宮光は死球で押し出し。都立板橋が貴重な先取点を物にした。

 この後は、都立板橋・黒岩の丁寧な投球に、都立城東は得点を奪えない。4回表は4番・三好 秀登の二塁打と5番・清水 隆太郎の犠打で一死三塁としたが、黒岩は後続を打ち取り無失点で切る抜ける。打たせて取る黒岩の投球に、バックも堅実な守備で応えた。

 都立板橋の打線は原川の球威に押され、なかなかチャンスも作れない。
 それでも6回裏、一死後5番・本宮の四球と7番・河田勇馬の三塁内野安打で一死一、二塁とし、8番・藤本一輝の中前安打で本宮が生還し、貴重な追加点を挙げた。