ポイントは1歩前!都立深川エース・関端の好投で7回コールド勝利!


 都立深川都立北豊島工が、大田スタジアムで対戦。試合は都立深川が手堅く攻撃した。
 初回、1番・柴田直人がレフト前でチャンスメイクすると2番・岡室克海がすかさず送りバント。得点圏にランナー進めると、3番・古川隼人はセンターの頭上を越えるタイムリー。ボールが外野を転々としている間に打った古川も一気にホームイン。

 ランニングホームランで都立深川が2点を先制すると、2回には都立北豊島工の2番手・池田優樹から4番・細井幸太朗の右中間への二塁打などでさらに2点を追加。これで4対0とする。

 都立深川の先発は2年生エース・関端隼人。179センチ68キロと少し細身の体格ながら、セットポジションからしなやかな投球フォーム。かつ重心をしっかり前に運び、腕を振っているからか、ストレートには切れがある。さらに抜いたカーブと切れ味の鋭い縦のスライダーで都立北豊島工打線を翻弄。

 初回こそ、1番・中山翔と3番・岡﨑幸広にヒットを許すものの序盤はストレートで押すピッチングで都立北豊島工を抑え、都立深川が主導権を握る。すると、3回には9番・田口颯人の犠牲フライ。5回には相手のエラーが重なってさらに2点を追加。7対0と都立深川がリードを広げる。

 整備明けの6回、都立深川の関端は先頭の井出をサードゴロに仕留めるも、1番・中山に一、二塁間へしぶとく打球を飛ばされ内野安打。3番・岡﨑には逆方向に打たれ、二死一、二塁。ここで4番・池田を迎えるも、力のあるストレートで空振り三振。ピンチを脱する。

 最後は2番手・大橋亮太が都立北豊島工を3人で抑えてゲームセット。7対0の7回コールドで都立深川が勝利した。

■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】