国学院久我山・高下の好投で、優勝候補の東海大菅生を破り20年ぶりの決勝進出!

 センバツ出場の国士舘も、昨夏優勝の日大三も破れ、優勝に一番近いと思われていた東海大菅生であるが、「高校野球は何が起きるか分からない」という言葉を、改めて実感させられた試合になった。

 大事な準決勝。東海大菅生中村 晃太朗國學院久我山高下 耀介という両エースが登板した。

 波乱の予兆は、1回表にもあった。國學院久我山の1番・西川新は死球。その際、西川の体をかすった球が、捕手・小山 翔暉の右手を直撃。治療のため、試合が中断した。小山は「言い訳にはしたくない」と、影響を否定するが、腫れて、テーピングをしている状態になった。中村 晃太朗は、4番・宮崎 恭輔にも四球を与え二死一、二塁。ここで國學院久我山は重盗を敢行し、成功した。

 東京の高校球界で東海大菅生の捕手・小山の強肩は浸透しており、盗塁を企図すること自体珍しいが、「中村(晃)君との勝負でもありますから」と、國學院久我山の尾崎直輝監督は言う。中村晃との駆け引きで盗塁をするということだ。

 5番・高下は三振に倒れ、1回表に國學院久我山は得点を挙げることができなかったが、これまでとは何かが違うと感じさせるスタートだった。
 國學院久我山の先発・高下は、スプリットなど落ちる変化球が低めに決まり、東海大菅生の打者は、相次いでフライを打ち上げた。東海大菅生は4回まで、安打を1本も打つことができなかった。

 東海大菅生の先発・中村晃は、走者を出しながら無得点に抑えていたが、5回表に失点する。この回一死後、國學院久我山の1番・西川はセンターへの二塁打を放ち、続く2番・岡田 和也もライトオーバーの二塁打を放ち、國學院久我山が1点を先制した。東海大菅生中村 晃太朗は、立ち上がりに課題があるが、試合の中盤に失点するのは難しい。

 5回裏東海大菅生は、6番・今江 康介がこの試合、チーム初安打となる中前安打を放ったが、得点にはつながらない。

 一方、國學院久我山の猛攻は続く。7回表8番・伊藤 佑馬が中前安打で出塁し、9番・青木 友宏が送り、1番・西川の内野安打、2番・岡田の右前安打で1点を追加。さらに3番・神山福生のバント安打、4番・宮崎 恭輔の右犠飛で、1点を追加した。珍しい、中村晃の試合中盤での複数失点であった。

 試合後若林弘泰監督は中村晃について、「実は走り込みをしていて、膝を痛めてしまいました。今は投げられるようになりましたが、6月は投げ込みができませんでした」と語る。中村晃の回転数が多く、伸びる球を支えるタメが十分に作れなかったし、6月中に投げ込みができなかったことが、中盤からのスタミナを奪ったのかもしれない。

 それでも東海大菅生は追いかける。7回裏一死後、6番・今江が四球、7番・中村 洸星が左中間を破る二塁打を放ち今江が生還。続く8番・石田 隆成が中前安打を放つと、9番・中村晃に代えて、玉置 真虎を代打に送る。しかし玉置は三振。1番・外岡 空也は左飛に倒れ、追いつけない。

 中村晃に代わって登板した新倉 寛之は8回、9回を無失点で切り抜ける。そして9回裏東海大菅生は、四球で2人の走者を出し追い上げたが、最後は代打の渡邉 喜龍が三振に倒れ、3対1で國學院久我山が優勝候補の東海大菅生を破り、20年ぶりに決勝進出を決めた。

「勝負どころで思い切ってやれました。守るものはないから、攻めに行きました。目標は神宮で勝つことではなく、甲子園で勝つことです。そのために一つ一つのことをしっかりやってきたい」と國學院久我山の尾崎直輝監督は語った。

 敗れた東海大菅生は、甲子園に出ても、上位で戦える力は十分にあったと思う。しかし、肝心なところで打線が沈黙して破れた。「力を引き出して、甲子園に連れていかないといけないと思っていました。申し訳ない」と若林監督は語った。この1年、東京の高校球界で圧倒的な力をみせていた東海大菅生のこの代であるが、ついに甲子園の土を踏むことなく、夏の戦いを終えた。

(文=大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】