東海大菅生、杉崎の本塁打を含む5打点の活躍などで、日大鶴ケ丘をコールドで破る

 細かい雨が降り続く中で始まった西東京大会の準々決勝、最初の試合は、5年前の夏の決勝戦と同一カードである。この時は日大鶴ヶ丘が勝って優勝したが、現在は春季都大会で優勝した東海大菅生の優位は否めない。

 日大鶴ヶ丘は、背番号6ながら事実上のエースである清野佑馬、東海大菅生はエースの中村 晃太朗が先発した。中村晃は、5回戦で2イニングを投げているものの、先発は今大会初である。もともと立ち上がりに問題があるうえに、経験豊富な中村晃といえども、「緊張しました」と語る。

 そのため、1回表日大鶴ヶ丘の1番・金野大夢に四球、2番・田中潤弥が右前安打で続き、3番・中島健輔が送り一死二、三塁。4番・谷口慧悟の遊ゴロで金野が本塁を突いたが、三本間に挟まれアウト。けれども5番・寺田孔也の中前安打で日大鶴ヶ丘は1点を先制した。

 東海大菅生は3試合連続で初回に失点したが、中村晃の立ち上がりはある程度織り込み済み。「2点目を取られなかったのは良かったです」と東海大菅生の若林弘泰監督が言うように、リードを許しても慌てない。

 3回表東海大菅生は、この回先頭の1番・外岡 空也がライト線の二塁打で出塁すると、2番・小山 翔暉はバント。これはファールになったものの、小山のバントは珍しい。「アイコンでバントしてもいいとはしましたが、あれは彼の判断です」と若林監督が言えば、「内野手が下がっていたので、バントヒットも狙えると思った駆け引きです」と小山は言う。結局小山は四球で歩き、3番・成瀬 脩人が送り、4番・杉崎 成の左前安打で2点を入れて、あっさり逆転する。5番の西垣 大輝も左前安打で、二塁に進んでいた杉崎が生還。この回さらに敵失で1点を追加した。

 中村晃は問題の立ち上がりを過ぎると、あとは危なげのない投球。2回以降は打たれた安打は2本に四死球1と、付け入る隙を与えない。

 すると7回表には4番・杉崎がレフトポール近くのスタンドに入る本塁打を放ち、その後も安打3本を連ね満塁としたうえで、犠飛2本で2点を追加。

 8回表は2番・小山の内野安打に、3番・成瀬の左前安打で無死一、三塁の後、成瀬が二盗で二、三塁。4番・杉崎の左前安打で2人が生還する。5回戦までは3番・成瀬と4番・杉崎の調子が今一つであったが、成瀬が安打を打ち、杉崎は5打点の活躍。打線がまずます充実してきた。

 なおこの回、6番・今江 康介の左前安打でさらに1点を追加し10対1。8回コールドが成立した。

 夏に向けてしっかりチームを作ってくる日大鶴ヶ丘は、今大会もノーシードながら、都立東大和、シード校の日大二といった強豪を相次いで破り準々決勝まで進んだが、現段階では、東海大菅生との力の差は如何ともしがたかった。

 一方勝った東海大菅生は、懸念は中村晃の立ち上がりだけという、盤石な内容であった。準決勝は國學院久我山早稲田実業の勝者との対戦になる。甲子園がちらつく中でどのような戦いをするか、注目される。

(文=大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!