つなぎの4番・利根川の一発含む8得点で都立総合工科が快勝!

 都立総合工科帝京八王子。ともに昨夏は2回戦で姿を消したが、今夏は4回戦まで勝ち上がってきた。勝てばベスト16入りが決まる大事な一戦。

 試合は初回、都立総合工科の2番・稲場崚がセンター前で出塁すると、3番・神子 晃汰が四球。ここで4番・利根川真吾が1ボールから真ん中低めのストレートを叩いた打球はレフトスタンドに飛び込む本塁打。都立総合工科が1回に3点を奪う。

 リードをもらった都立総合工科の先発・杉原陽和は初回、1番・海野大成にヒットを許しながらも無失点で切り抜けたが、2回に6番・阿部裕希にヒットを許すと、送りバントと8番・小林将と9番・髙松拳吾の連打で1点を失う。それでも3回に3番・神子や相手のエラーで再び3点差をつけると、4回には1番・西岡凪斗のタイムリーで6対1とリードを広げた。

 都立総合工科は杉原から6回は野本凌馬、7回は水上辰也の3投手の継投で帝京八王子打線を寄せ付けない。すると7回に3番・神子が死球で出塁すると、4番・利根川が二塁打と代打の加藤翔太がタイムリーを放ち勝負あり。8対1で都立総合工科が5回戦進出を決めた。

 試合後、弘松恒夫監督は「点差以上に苦しい試合でした。相手は八王子を倒して勢いに乗っていて、結果を見てもヒット数はあまり違いはなくたまたまランナーがいた時にヒットを打てただけですので、力の差はなかったと思います」と紙一重の勝負を制したことを振り返った。

 その中で、野手には引き付けて逆方向に打つように伝えて今日の勝利を手繰りつけた。その勝利にホームランを含む4打点で貢献した4番・利根川にホームランのことを聞くと、「あのホームランは先輩に繋ごうとして結果的にホームランでした」と語る。

 夏の大会直前まで打線が決まらなかったが、大会に入り4、6番辺りを打っていた利根川が固定で4番に座るようになった。「嬉しい気持ちはありますが、自分はまだ2年生で先輩方は最後の大会なので、一発は狙わないです。頼れる先輩方に繋ごうと思って打席に入っています」とあくまでつなぎの4番として打線の主砲を担っている。

 次はシード校・國學院久我山との一戦となる。「謙虚に戦っていければと思います」と弘松監督は意気込みを語ると、「私立だから『凄い。強い』とかではなく、勝つつもりで戦えればと思います」と挑んでいく姿勢を利根川は見せた。

 次勝てばいよいよ神宮球場での試合が待っている。そうした1つの期待も力に変えてシード校を破っていけるか、注目したい。

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】