先制されても冷静に勝ち越し!盤石の試合運びで東海大菅生がコールド勝利!


 初戦のコールドで勝利した東海大菅生。今回は中大杉並との一戦となったが、初回で慌てることになる
 東海大菅生の先発は新村 凪。「今後を考えて経験をさせたかったんです。コントロールも安定していたので、練習試合ではしっかり試合を作れていました。ですので、安心して見られる」と若林弘泰監督が考えて送った新倉はコーナーを突くコントロール、そしてカーブやスライダー系の変化球を持つ。ボールの切れが鋭く、素晴らしいボールを投げる新村だったが、中大杉並の1番・冨島悠介をヒットで出塁させる。

 2番・倉田孝太朗には四球を与えると、3番・増岡陽大に送りバントを決められ一死二、三塁。ここで4番・木村陸にレフトへ二塁打を許し2失点。5番・長島健太にも一本打たれ0対3。2番手の新倉 寛之が後続を抑えたが、東海大菅生がいきなり追いかける構図になる。

 「波に乗れませんでしたね。ただ期待はしていたので、次に生かしてほしいです」と若林監督は新村へのエールを送った。

 3点を追いかける打線は直後の攻撃、2番・小山 翔暉がライト前で出塁すると、3番・成瀬 脩人のタイムリーですぐさま1点を返す。さらに2回には8番・石田 隆成がライト前でチャンスを作ると、2番・小山から5番・西垣 大輝の4者連続タイムリーで5得点。東海大菅生がこれで勝ち越しに成功する。

 1回途中からマウンドに上がった新倉は角度を付けたストレートを右打者の懐に差し込み、左打者には沈む縦のスライダーを軸に中大杉並打線を圧倒。反撃の隙を与えない。すると打線の方は3回に2番・小山、5回には中大杉並の3番手・古澤耀之丞から中村 洸星のタイムリーなど3本のタイムリーで一挙6得点。気がつけば13対3となり5回コールド。東海大菅生中大杉並を下して5回戦進出を決めた。

 「劣勢になったときに弱かったので、そういうところでは冷静に戦えたのは良かったです」とまずは試合を振り返ったが、今日の攻撃について「自分の性格もあるのかもしれませんが、見てダメなら振っていけということで積極的に振らせました。また足を使った攻撃も試合が動かないときは、リスクがあってもこっちから指示を出して、無理やりにでも選手を動かしたかったので出しました」と語った。