投打で圧倒した早稲田実業が初戦快勝!

 シード校・早稲田実業が初戦を迎えた。対するはこの1年間、西東京で牙を研ぎ続けた都立の実力校・都立小平西。エースの野崎 師と右の林田憲哉の2枚看板と、生沼 弥真人を中心とした強力打線の対決は3回まで素晴らしい投手戦となった。

 先にマウンドに上がった早稲田実業のエース・伊藤 大征。春の都立小山台戦ではボールが乱れ、消化不良気味で春を終えた。その時のフラストレーションを発散するかのようにパワーで都立小平西打線を抑える。

 今日の伊藤のストレートは威力と伸びはかなり来ており、都立小平西打線はなかなか手が出せない。さらにストレートとほとんど変わらないスピードで切れるスライダーに都立小平西打線は的を絞れずチャンスを作れない。

 一方の都立小平西の先発は右の林田。小さいテイクバックで出所が見にくく、腕をしっかり振って縦のスライダーを投げ込んでくるため、切れも良くなかなか手が出せない。身長183センチを生かす高さのある投球に、ストレートを時折混ぜることで、簡単に早稲田実業打線にヒットを許さない。

 両校ノーヒットで迎えた4回、早稲田実業の先頭の3番・生沼がセカンドの横を抜くヒット。右中間を転々としている間に二塁まで進むと、ボークで三塁に進み、6番でスタメン入りしたスーパールーキー・清宮 福太郎がライトへタイムリー。

 これで均衡が崩れると、この回もう1点入れて3対0。前半をリードして折り返すと、6回には都立小平西の2番手・野崎から6番・清宮の左中間への二塁打で4対0。7回には2つのバッテリーエラーで6対0としてリードを広げた。

 早稲田実業の伊藤はリードをもらうと変化球の割合を増やし、余裕を持た投球で都立小平西を翻弄。7回からライトに回り、東海林 碧波と最終回に1年生・田和簾の継投で完封リレー。早稲田実業が危なげなく初戦を勝利した。

 見事初戦を勝利した早稲田実業の和泉実監督は試合後、「長く監督をやっているのでわかりますが、最初は選手たちが固くなりがちです。今日も監督として指導してきたつもりですが、やっぱり硬かったです。ただ、先制点を取って自分たちのペースになってきました。初戦なのでこんなものかと思いますが、高校野球は難しいです」と、大会の入り方の難しさに歯がゆさを感じながら、初戦の勝利を振り返った。

 大事な先取点の足掛かりになった生沼主将について、「生沼はずっとこれまでレギュラーですが、まだ一度も甲子園に行っていない。だから生沼がチームで一番悔しい思いをしているので、それが空回りしなければと思っていました。けどやってくれる男だと思っていましたし、突破口を開いてくれました」と、主将への絶大な信頼と主将に対する秘めたる思いを語った。

 早稲田実業が最後に甲子園に出場したのは2017年の選抜。生沼たちはギリギリ甲子園に出場できていない。そのことを和泉監督は懸念している。「監督として甲子園に立たせたいと思っていますで、そのプレッシャーをかけずに花を咲かせてやりたいです。その中心として生沼には期待しています」

 監督から信頼される生沼主将は試合後、「自分は結果より、周りから求められたときに打てるのかを大事にしています。ですので、今日は『1本打てば流れが変わる』と思っていたので、その1本を打てたのは良かったです」と攻撃の口火となれたことに安堵していた。

 次戦に向けて「自分たちの代は甲子園に行けなかったので、どこよりも甲子園への思いは強い。そのために夏に照準を合わせてきました。ただ優勝するためには1つずつ勝つしかないので、全員が1つになっていければと思います」と生沼主将は意気込みを語った。

 どこよりも甲子園に飢えている早稲田実業が、まず初戦を制した。

【 速報ページはこちら 】

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】