桐朋はすぐに反撃に出る。6回表4番・佐藤遼平が四球で出ると、6番で前の打席で廣澤の球を捉えた羽毛田が、またも右前安打を放つ。さらに7番・篠原元が左前安打。やや浅いと思われたが、二塁走者の佐藤は一気に本塁を突く。左翼手の定位置辺りはやや荒れているうえに、雨天のため、いつもの弾み方とは違う。日大三の左翼手は打球を処理できず、佐藤が生還し、桐朋は同点に追いついた。

 桐朋は6回裏からは、原とエースの座を競い合ってきた背番号1の百合 泰祐が登板した。百合は6回裏こそ2人の走者を出しながらも、無失点で切り抜けたが、7回裏に急におかしくなった。この回百合は3個の四死球で一死満塁のピンチを招く。原にしても百合にしても、これまでは、四死球を出しても、きわどく攻めた球がボールになった感じであったが、この回の百合の投球はストライクとボールがはっきりしていた。2番・渡辺凌矢にも死球で押し出し。百合は肩のあたりを気にしはじめる。
 田中監督によれば、百合はもともと故障を抱えていたという。続く3番で投手から三塁手についている柳館にも四球で押し出し。この回日大三は無安打で2点を挙げた。

 7回表一死から、マウンドにはいよいよ井上 広輝が上がった。日大三は初戦から豪華リレーで勝利に執念をみせる。
 それでも8回表一死後、この試合当たっている羽毛田が中前安打を放つと、2つの四死球で二死満塁になる。井上は桐朋の1番・向畑を三振に仕留めピンチを切り抜けた。

 その裏、日大三は公式戦初先発の遊撃手で9番の小久保昂の三塁打などで1点を追加して試合を決めた。
 押し出しが決勝点になったのは残念であったが、桐朋の戦いは見事であった。バッテリーだけでなく、守備陣も、左打者には極端なシフトをとるなど、「中途半端は良くないので、やってきたことを出し尽くしました」と桐朋の田中監督が語るように、やるだけのことはやった戦いだった。進学校なので大学で野球を続ける選手もいるだろう。今回の戦いは、3年生にも、新チームを形成する1、2年生にも、貴重な財産になるだろう。

 一方勝った日大三の小倉全由監督は、「打てないですね」と浮かない表情。春季大会から打線は湿りがちだ。力のあるチームだけに、戦いながら、いかに攻撃のリズムを作って行くか。4回戦以降の戦いが注目される。

(文・大島裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】