都立杉並、帝京大高を圧倒!Bチームから這い上がった河原、猛打賞の活躍

 帝京大高は、かつては東京を代表する強豪であったが、近年は部員不足に悩み、秋、春は連合チームで試合をした。1年生が加わり、ようやく単独チームでの出場が実現した。対する都立杉並は、昨夏は甲子園で準決勝に進出した日大三と互角の試合をし、その名を知らしめた。しかし、この代になってからは、秋、春とも1次予選の初戦で敗れ、まだ勝利を経験していない。「勝てていないと、自信もないし、高校生は気にしますね」と、田北和暁監督は語る。とりわけ、秋も日大三と対戦しており、秋は夏の続きで、秋を経験した感じでなくなったため、春の大会で敗れてから、走り込みをするなど、秋の大会後にやるべきことを、もう一度一気に行った。

 そうした中で新たな芽も出てきた。この試合では身長158センチと小柄な1年生の桑原立が3番に抜擢された。「元気があり、ガッツがあります」と田北監督は、そのメンタルの強さを期待する。

 この試合では桑原は安打を記録しなかったが、その存在は、2年生も刺激した。その代表が2番を打った河原大喜であり、Bチームから這い上がってきた。

 1回裏都立杉並は、1番・小出拓実が四球で歩き、2番・河原の右前安打で一、三塁とし、3番・桑原は遊飛に倒れたものの、4番・磯貝愛弥の右犠飛で1点を先制。さらに7番・関根忠大の三塁打などで、さらに3点を追加する。

 2回裏も河原の二塁打などで5点を追加。3回裏には河原の中前安打などで2点を追加する。4回裏には関根の二塁打など安打3本を集中し、3点を追加。4回までに14点を挙げた。

 投げては、田北監督が「一番安定している」と語る舛屋慧が4回を被安打2の無失点に抑える。5回表は井島大輝が登板して三者凡退に抑え、14対0の5回コールドで都立杉並が初戦を飾った。

 この日登板した舛屋、井島も、4番の磯貝も、三塁打と二塁打を放った関根も、昨夏日大三と戦ったメンバーだ。そこに生きのいい1年生の桑原や、Bチームから昇格した河原らが加わり、夏を戦う布陣が整ってきた。

 一方帝京大高は、昨夏に続き初戦で大敗した。けれども今は辛抱の時である。3年生が抜ければ、秋は9人ギリギリになる。それでもしっかり続けてこそ、今後の展望が開けてくる。

 

(文:大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】