緊迫の投手戦!国際基督教大学高、守備の乱れから大量失点で散る

 ノーシードながら、秋は日大鶴ヶ丘、春は東海大高輪台を下すなど、勢いのある都立小平西に、近年は2年連続して秋、春の都大会に出場するなど、確実に力をつけつつある国際基督教大高(ICU)高が挑んだ一戦は、結果としては、都立小平西のコールド勝ちになったが、途中までは息詰まる投手戦であった。

 都立小平西の先発、右腕の林田憲哉は、この春成長し、左腕のエース・野﨑師とともに投手陣の2本柱を成すようになった。この試合でも、球威のあるストレートに縦横の変化球を駆使して国際基督教大高につけ入る隙を与えない。1回裏、3番・白鳥誠大の打った左前安打が唯一の安打になった。

 一方出身中学をみても国際色豊かな国際基督教大高は、アメリカ育ちの白鳥が先発。細身ながら、緩急をつけた丁寧な投球で得点を与えない。「今日はコントロールが良かったですが、守備に助けられました」と白鳥が語るように、堅実な守備で、打たせて取るタイプの投手である白鳥を盛り立てる。

 好投していた白鳥であるが、6回裏には三塁に回り、捕手の齋藤優太郎がマウンドに上がった。「もともと1人で完投するのはきついので、交代しました」と国際基督教大高の信田実監督は語る。交代した白鳥も、「そういう戦略なので」と、冷静に語る。

 ただこの回、都立小平西は一死から3番・石川駆が内野安打で出塁すると、すかさず盗塁し、4番・高橋大紀の右前安打で生還し、貴重な先取点を挙げた。

 7回裏国際基督教大高は3番・白鳥が敵失で出塁し、この試合初めての無死の走者になったが、二盗に失敗し、チャンスを広げることができない。

 国際基督教大高の2番手、横手投げの齋藤優は、1点を失ったものの7回表は三者凡退に抑えるなど、踏ん張っていたが、8回表、国際基督教大高の守備が一気に決壊する。

 この回、都立小平西の2番・緒方透大が内野安打で出塁すると、3番・石川の犠打は敵失を誘い、4番・高橋大の犠打で一死二、三塁となった後、ボークがあり、まず1点。さらに5番・関谷修司が四球で歩き、続く6番・林田の遊ゴロを、遊撃手がホームへ悪送球。ここで7番・木村 歩夢が右中間を破る三塁打を放ち2人が生還。都立小平西はなおも攻撃を緩めずこの回6点を挙げ、コールドが成立する7点差になった。

 その裏都立小平西は林田に代わり登板した野﨑が縦の変化球で国際基督教大高を三者三振に抑え、7対0と8回コールドが成立した。

 国際基督教大高は、8回表は自滅に近い形で大量失点したが、それまではしっかりとした野球をしていた。かつては弱小チームとも言われていたが、そのような雰囲気ではない。もう一段成長すれば、国際的な感覚のあるユニークなチームとして、日本の高校野球に新しい風を起こす可能性がある。

 なおこの試合で先発した白鳥は2年生であるが、大会後はアメリカに留学する予定であるという。来年の6月には戻る予定だそうだが、夏の大会に出場できるかどうかは不透明だという。どうなるにしても、日本の高校野球の経験を生かして、世界の舞台で活躍してほしい。

 一方勝った都立小平西は、投手陣の2本柱はやはり強力である。2回戦は都立大泉と対戦し勝てば、早稲田実業が待っている。一戦一戦が大切であるが、次に勝てば対戦する早稲田実業とも十分渡り合える可能性を秘めたチームであることは確かだ。

(文:大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】