都立の進学校対決は都立国立に軍配!完封リレーで2回戦へ

 立川公園野球場での第3試合は、都立国立都立西が激突した。この春、東京都大会に進出した都立国立に対して、都立西はあと一歩のところで都大会進出を阻まれてきた。互いにまずは上位進出を狙いたいチーム同士の対決は、中盤以降に差が出てくる展開となった。

 都立西は、背番号1の平田康二郎を先発マウンドに送った。驚くような球威がある訳ではないが、緩い変化球を有効に使って都立国立打線に的を絞らせず、序盤から都立国立打線を交わしていく。

 一方の都立国立の先発も、背番号1を背負う徳田 健吾。独特の大きなテークバックから、伸びのあるストレートとスライダーを投げ分ける投球術が特徴の右腕だ。
 「無駄な四死球が多かった」と語る徳田だったが、要所を要所を締める我慢のピッチングを見せて、スコアボードに「0」を並べていく。

 両投手の好投により、3回までは0対0と膠着状態であったが、均衡を破ったのは都立国立であった。 4回表、二死から7番・小松夏旗がスリーベースヒットを放ってチャンスメイクすると、続く8番・阿部哲也のセンター前へタイムリーヒットを放つ。中盤に待望の先制点を挙げ、これで試合の流れは少しづつ都立国立へと傾き始める。

 5回にもタイムリーやパスボールなどで3点を追加すると、終盤に入った8回にも一死二塁から3番・徳田が試合を決定づけるタイムリーを放ち、これで点差は5点に。

 投げては徳田が、6回までを粘りの投球で凌ぎ切り、その後は延安航大、山中椋太のリレーで繋ぐ。3人の投手陣を、都立国立は堅い守りでも後押しし、試合は5対0の完封勝ちで都立国立が3回戦進出を決めた。

 それでも試合後、都立国立の福谷真一監督からは厳しい言葉が並んだ。
 「徳田は変化球が良くなく、苦しいピッチングでした。打線も相手投手の緩い変化球を待てずに迎えにいっていました。それはずっと課題に挙げていたことなので、まだ解決できていないですね」

 また6回までを無失点に抑えた徳田も、気を緩める様子を見せない。
 「1年、2年とベンチ入りを経験させてもらっていますが、2年の時は足を引っ張ってしまいました。この夏こそはという思いが強いので、まずは神宮を目指したいと思います」

 都立国立は、7月16日に都立上水日本学園の勝者と対戦する予定だ。試合まで6日間も日程が開くが、この期間でしっかりと調整していきたいところだ。