2番手・荒澤尚太朗が流れを変え、日大鶴ケ丘が7回コールド勝利!


 昨夏の西東京大会で準優勝の結果を残した日大鶴ヶ丘が初戦を迎えた。その相手は都立東大和。切れとコントロールが武器の好投手・小寺 敦斗をどう打ち崩すのか。勝負の焦点はそこに集まった。

 まず主導権を握ったのは都立東大和。両校チャンスを作りながらも1本を出せずにいた3回に7番・伊藤風馬にライト前を許すと、9番・小寺の送りバントと1番・森郁人のセンター前で都立東大和に先取点を許す。

 先にペースを握られた日大鶴ヶ丘だったが、先発の清野佑馬から2番手・荒澤尚太朗に変えてリズムを変える。この継投について萩生田博美監督は「継投は視野入れていたので、先発の清野で点数が取られるまでは行けるところまで行って、次は荒澤に変えようと元々決めていました。ただあの時は流れが悪かったので、雰囲気を変えるために4回から継投しました」と、流れを変える一手として荒澤に託した。

 その荒澤は、「振ってくるバッターが多かったのでコースをアバウトに突いて、打たせて取ろう」としっかり身体だけではなく頭の中も準備してマウンドに上がり、武器であるカーブを駆使しながらしっかり都立東大和打線を抑える。

 そして4回、先頭の6番・清野の四球を皮切りに4番・谷口慧悟のサードへの内野安打など、打者一巡で4得点。4対1と逆転に成功。さらに、5回にも打者10人の猛攻で6点奪い勝負あり。日大鶴ヶ丘が中盤のチャンスを生かして10対1の7回コールドで都立東大和を下した。

 まず、都立東大和というチームについて萩生田監督に試合後に話を聞くと、「しっかりした野球をやってくる、守りのチームだと思っていました。うちも今年は守りのチームなので、我慢比べの展開になることは予想していました。ただ、今日は向こうが4回に我慢しきれずにうちが4点取れたので、主導権を取れました」

 また相手の小寺投手について、「コーナーにきっちり投げることは知っていたので、そんなに点数が取れない。実際に序盤は捉えきれなかったですが、コーナーに来たボールを見極めらえれたのが大きかったです。逆にそこを振ってしまったらわからなかったですね」と勝負の分かれ目と振り返った。

 春は関東一に敗れ、夏のシード権を取れなかった日大鶴ヶ丘。5年ぶりの甲子園を目指して始めたのは守備の改革だ。