2019年04月27日 明治神宮第二球場

東海大菅生vs関東一

2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

大接戦を制した東海大菅生が2季連続の決勝へ!



勝利した東海大菅生

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 東西の東京を代表する強豪同士の対戦である。しかし、現段階では、二松学舎大附日大三という東京のトップクラスのチームをコールドで下した東海大菅生が優位であることは否めない。とはいえ東海大菅生の若林弘泰監督には、「三高に勝った後は、いつも苦戦するんですよ。強いと勘違いしまうところがあります」と語り、最大のライバルを倒した後の緩みを懸念していた。一方関東一は、準々決勝を延長戦の末勝つなど、苦しみながらチーム力を上げてきた。

 その準々決勝で関東一は、速球派の谷 幸之助が先発して、安定感のある土屋大和が締めるというリレーであったが、この試合では東海大菅生には緩いボールの方がいいと考えた米澤貴光監督は、土屋を先発に起用した。

 先取点を挙げたのは東海大菅生だった。2回表東海大菅生は、一死二塁から7番・外岡 空也が右中間を破る二塁打を放ち二塁走者が生還した。

 東海大菅生のエース・中村 晃太朗は、不安視されている1回は三者凡退で抑えたものの、2回裏二死一三塁から、関東一の8番・村岡拓海の中前安打を打たれ、同点に追いつかれた。

 それでも東海大菅生は3回表、成瀬脩人の右前安打と2個の四死球で一死満塁とし、5番・西垣 大輝の右犠飛で勝ち越した。それでもなおも続くピンチを関東一の土屋はしっかり抑えた。こうした粘りの投球が、試合を緊張感のあるものにした。

 3回裏関東一はこの回先頭の2番・大久保翔太は、内野安打で出塁したが、東海大菅生の捕手・小山 翔暉の強肩に二盗は失敗した。それでも関東一は、4番・野口洋介が四球で出塁し、4番・平泉遼馬のレフト線の二塁打で再度同点に追いつく。

 4回、5回は両チームとも得点はなったが、6回表東海大菅生は、途中出場の7番・渡邊喜龍の本塁打で再度勝ち越す。

 それでもこの試合の東海大菅生の中村晃は中盤になっても本来の調子に戻らない。6回裏は、4番・平泉のレフト線の二塁打に、6番・長嶋峻佑の中前安打で同点に追いつく。なおも続くチャンスで関東一は、土屋に代打を出すなど攻勢に出たが、勝ち越しはならなかった。

 7回表関東一は、速球派の谷をマウンドに送る。谷はいきなり安打2本と四球で一死満塁のピンチを迎えるが、東海大菅生の7番・渡邊を1-2-3の併殺に抑える。

 東海大菅生も投手を7回は左の新倉 寛之、8回からは右の速球派の藤井 翔に交代。試合の行方は、2番手、3番手速球投手の手にかかることになった。

 決勝点が入ったのは9回表だった。東海大菅生は、この回先頭の4番・杉崎 成の二塁打に続き、6番・今江 康介も三塁ベースに当たりそうな二塁打を放ち1点を入れる。7番・渡邊の左前安打でさらに一死一、三塁となり、8番・中村洸星はスクイズ。三塁走者は飛び出したが、中村洸バントせず、三塁走者はアウトになった。「行ければ行けくらいで、もっと徹底させれば良かったです」と東海大菅生の若林監督は語る。

 それでもこの日の藤井には、1点で十分だった。9回裏も無失点に抑え東海大菅生が4対3で勝利し、秋に続いての決勝戦進出と、12年ぶり5回目の関東大会出場を決めた。

 東海大菅生とすれば、関東大会もさることながら、まずは、秋と同一カードとなる翌日の決勝戦だろう。若林監督は、「同じ相手に2回負けるわけにはいきません」と、力強く語った。

 このところ苦しい戦いが続いていた関東一だが、この大会は、練習の成果がうかがえる戦いであった。この試合に関しては、「我慢強く戦えたのは良かったです」と米澤監督は語る。ただ夏を戦うには、7回から登板し、毎回走者を背負っていた谷の成長が重要である。

 

(文=大島 裕史)
(写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
春季関東大会を総括!今大会で評価を上げた選手のパフォーマンスを深堀り!! 【ニュース - コラム】
第913回 関東大会で評価を挙げた投手と野手は?注目選手のパフォーマンスを徹底分析!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
東海大相模が優勝した春季関東大会を投手運用の面から振り返る! 【ニュース - コラム】
第912回 これからは複数投手制がトレンド。東海大相模、東海大菅生など関東大会出場校の投手運用を振り返る【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs東海大菅生【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第911回 令和初の関東王者になるのは?「TOKAI決戦」のキーマン、勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs専大松戸【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第908回 今年の関東ベスト4はすべて南関東!準決勝の注目選手・勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大菅生vs春日部共栄【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第905回 野手のタレントが続々登場する関東大会2日目。東海大菅生、前橋育英に注目(最新版)【大会展望・総括コラム】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第952回 待っていた25年ぶりの優勝。今年の東海大菅生の象徴・石田隆成! 【2019年インタビュー】
第944回 まだまだいる猛者揃いの東海大菅生。堅守のセンター・今江康介のスピードを見逃すな! 【2019年インタビュー】
第939回 精密なコントロールは根気強さから生まれる 中村晃太朗(東海大菅生)後編 【2019年インタビュー】
第937回 実直な性格が勝負強さにつながる!スラッガー・杉崎成(東海大菅生)が目指すのは高校通算70本塁打! 【2019年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (9)

両校を讃えて!日本全国高校野球応援大好きファン! 2019.04.27
東海大菅生の硬式野球部の皆様、関東一高の硬式野球部の皆様今日の試合お疲れ様でございます。まずが御挨拶からさせていただきます。おはようございますの御挨拶からはじまりお疲れさまでしたの敬礼、一礼、謝礼の御挨拶でおわる御挨拶となっております。
東海大菅生の硬式野球部の皆様春季高校高野球決勝へと勝ち進むわけですが関東大会出場もありますのでまずは春季高校高野球優勝して関東大会1位で両手を合わせて応援しております。関東一高の硬式野球部の皆様、敗戦した高校の栄誉を讃えて是非とも悔いなくプレーを期待して東海大菅生の硬式野球部の若松監督の率いる硬式野球部の皆様頑張ってください。関東一高の硬式野球部の惜しくも敗戦しましたが4失点と最少失点で抑えておりますのであとは打線が向上していかにして1点1点攻撃力の機動力で1点1点得点できるかが夏の地方大会への課題になりますので東海大菅生と対戦して守備力、攻撃力もっと今以上に更なるレベルアップして向上したいのではないかと思いますので非常に見応えのある引き締まった試合観戦でありますので夏の地方大会まで時間ありますので再確認して夏の地方大会期待して応援しております。
両校の皆様お疲れさまでした。両校の更なる飛躍に誓って。
関東一常に謙虚姿勢、基本、基礎の母校勝利へ!平成11年度普通科卒業生硬式野球部代表取締役応援団長 2019.04.25
おはとうございます。4月27日の試合母校の常に謙虚な姿勢の基本姿勢、基礎の姿勢の母校を応援しております。
我が母校が新小岩の商店街の皆様が明るい笑顔で迎えて関東一高の全校生徒の応援、声援のおかげで成し遂げられて硬式野球が強くなりますので好投手とあたり守備力がエラーして打撃が不振になり得点できなくなりますのでまずは守備力のエラーしないことを考えてグローブのキャッチの基本、基礎の練習をしっかりして前の内野の全選手、外野の全選手全体にお声をかけることで守備力が改善して母校の守備力が課題克服なりますので頑張ってください。
攻撃力は課題山積みですので一般的に基本、基礎のバッティングができていないのが現状でありますので強豪校とあたりバッテイングを見習いすぐに習得して打線向上に期待しておりますので宜しくお願い致します。打撃のシングルヒット、、二塁打、三塁打、長打力本塁打に期待して打撃向上に期待して必勝祈願で両手を合わせて祈願してお祈りしています。
関東一高更なる飛躍へ!
ペンと翼のわが学園。
要所要所で低めのコントロールができるかが投手と捕手の配球のバランスの配球のいかにしてコントロールが最重要になりますので再確認して最少失点で抑えられるいい好投手に期待して応援しております。
関東第一高等学校父母の会の皆様、保護者の皆様が応援しておりますので日本全国の関東一高の硬式野球部ファンがおりますので誠実に切磋琢磨して一致団結して準決勝必勝祈願として勝利を期待しております。
明るい空と大地へ。ひたむきな気迫プレーを。
4月の陽気の風景と共に過ごして我が母校が勝ちます。
関東一菅生撃破!関一OBやるぞう君 2019.04.22
守備は安定感あるので何も問題がない。
つなぐ打撃で得点にしよう!
ホームランよりも長打を期待したい。
東東京の実力、発揮してくれ!
関東一「負けない野球」をネット裏のスズメ 2019.04.22
ベスト4まで勝ち進んだチームの力量は殆んど同じです
試合の流れがどちらに傾くか? ですね

関東一の土屋、谷 両投手は好調で、二枚は心強いです
守りはひとりひとりレベルが高く、よく鍛えられています
落ち着いて辛抱強く守り、失点を3点以内に抑えましょう

打撃は昨秋(国士舘戦敗け)以来、一冬越しての本大会では
積極性とバットスイングに大きな向上を感じます
打球スピードも速くなり、飛距離も一段伸びています
頼もしいです!
中心となる主力選手こそいませんが、全体のパワーは間違い
なくアップしています

関東一の洗練された「負けない野球」を見せてください
期待しています
関東一母校勝利へ!柏市在住関東一高ファン! 2019.04.22
ぺんと翼関東一高わが学園の校歌と応援歌で全校生徒の応援の力がありますので勝利を期待して応援しています。
どれだけ相手の投手、捕手のリードで1点1点初回から機動力の攻撃力ができるかが最重要になりますので1回から9回まで関東一高の打線向上の光る彩る打線の課題克服して粘り強く自分たちのプレーの攻撃力を期待しております。長打力のパンチ力の打線を期待しております。守備力はエラーしないことが我が母校の守備からリズムをつくる母校になりますので準決勝厳しい戦いになりますが1戦必勝祈願で両手を合わせて関東一高の更なる飛躍を誓い硬式野球部の発展繁栄を祝して応援しておりますので皆様方応援の程宜しくお願い致します。
関東一焦らずに落ち着いてプレーを!関東一高硬式野球部応援団長後援会代表 2019.04.22
関東一高硬式硬式野球部の皆様おはようございます。
熱中症対策、花粉症対策、紫外線対策、風邪対策きちんとして応援宜しくお願い致します。相手の投手好投手で低めの意識したコントロールなりますので空振り三振、内野ゴロ、フライ等が多くなりますが相手の投手の捕手のリードをよくみて相手の守備範囲を守備位置を確認することが必要になりますのであとはどれだけ守備位置を見ていかにしてミートバッティング、ヒット、ホームランの長打力いかにして打てるかどうかになりますので両手を合わせて応援しています。課題は最少失点におさえて守備をエラーしないで前の内野と外野に声をかけることで我が母校の守備力、攻撃力が向上になりますので米澤監督と自分の主将を信じて関東一高の父母会の皆様、全校生徒、学校長、諸先生方、新小岩の商店街の皆様、日本全国の関東一高の応援してくれるファンがいますので準決勝必勝祈願で両手を合わせて応援していますので勝利期待しています。
全員野球で我が母校としては勝ち抜く力がありますので勝利を期待して頑張って応援しています。
頑張れ硬式野球部ラブイズ関東一高!
東海大菅生快進撃!吹部OB保護者 2019.04.21
今年のチームは本当に強いですね!
次の活躍も楽しみにしています。
SUGAOmixをたくさん聞けるように祈ってます!
東海大菅生常に臥薪嘗胆!菅生が1番 2019.04.21
日大三高との空中戦を制した菅生だが、ここでおごってはいけない。あくまでも挑戦者として強豪校の関東一高に挑もう。都大会を足がかりに更なる高みを目指せ。関東一高には春の大会で惜敗しているので、そのリベンジの気持ちでのぞもう。優勝しなければ意味がないという心意気で実力を示そう。実力とは、菅生の持ち味である堅守からの流れ。そして何があってもくじけない強い心。応援団含めて1つになれる全員野球。そこに打力が合わされば決して負けない。常に臥薪嘗胆!頑張れ菅生!
ノーシード だとうううううううう!sec trumpet 2019.04.16
勝ったな

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る