東海大菅生、日大三を圧倒!杉崎本塁打2本、打点7の大暴れ



勝利した東海大菅生

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨夏の準決勝のカードであり、この夏も当然、優勝を争うことになる強豪校の対決。夏を意識して、エースの登板回避も考えられたが、東海大菅生の若林弘泰監督は、「いろいろ考えたのですよ。(日大三監督の)小倉さんは廣澤で来ると思ったので、うちもと思いました」と語る。そのため先発は日大三廣澤 優東海大菅生中村 晃太朗と、昨夏の西東京大会準決勝と同じ顔合わせになった。

 昨夏とは別人のように成長した東海大菅生の中村晃であるが、立ち上がりの課題は残したままだ。1回表日大三は三者凡退に終わったものの、いずれも外野への強い打球であり、日大三打線には、打てそうな予感はあった。

 その予感通り2回表は4番・宇津木 帝凱が左中間に本塁打を放つ。さらに5番・塚越柊太のセンターオーバーの二塁打で続き、その後、制球がいい中村晃には珍しく四球が2個あり、一死満塁となったが、これも中村晃には珍しい暴投で1点を追加しただけだった。

 さらに3回表には中前安打の3番・柳舘 憲吾を一塁に置いて、4番・宇津木が2打席連続となる特大の本塁打を放ち2点。5回表には、2番・渡辺 凌矢の三塁打などで1点を入れた。東海大菅生の中村晃が5点を失うこと自体珍しいことであり、今大会調子が今一つであったが、さすが日大三打線といったところではある。しかしながら、東海大菅生の強力打線の前には、焼け石に水に近いものになってしまった。

 1回裏東海大菅生は4番・杉崎 成の3ランで3点を先制する。2回裏は、日大三の廣澤が乱調。四球2個に内野安打で無死満塁とし、1番・小山 翔暉の中前安打で1点を追加。2番・石田 隆成には四球で押し出しとなり、廣澤は早くも降板した。日大三打線は交代した児玉 悠紀にも襲いかかり、3番・成瀬 脩人の左前安打で1点を追加した。さらに杉崎は2打席連続となる本塁打を今度は満塁で放ちこの回一挙7点を入れた。

「1本目は真っ直ぐ、2本目はスライダーでした。肩の力を抜くことと下半身にためをつくることを意識しました」と杉崎は言う。
 東海大菅生は、4回裏には今江 康介のこの試合2本目となる三塁打で1点を追加。6回裏には5番・西垣 大輝の本塁打で7点さになり、12対5の7回コールドが成立した。

 東海大菅生は外野手のポジション争いが激しく、三塁打2本の今江にしても、本塁打を打った西垣にしても、レギュラーが安泰というわけでない。この厳しさも東海大菅生の強さの源の一つだ。

 圧勝にも、それぞれ4番が放った2本の本塁打が、東海大菅生の杉崎は3ランと満塁であったのに対し、日大三の宇津木はソロと2ランであったことが決定的な差となったこともあり、東海大菅生の若林監督は、「(日大三監督の)小倉さんにすれば、別にどうという負け方ではなかったと思いますよ」と語る。それでも東海大菅生のパワーは圧倒的。守備も安定しており、中村晃が秋に比べるとやや荒れているものの、ほぼ万全な状態で準決勝に勝ち進んだ。

 敗れた日大三の小倉全由監督は、「野球になっていませんでした」と語る。それでも東海大菅生の中村晃から5点を奪い打線の存在感は示した。それにこの試合は投げていない井上 広輝の存在もある。

 両校ともこの夏の西東京大会の優勝候補であるが、この試合の結果だけで夏の予想ができないことは確かだ。

(文=大島 裕史)
(写真=編集部)