2019年04月21日 明治神宮第二球場

国士舘vs帝京

2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

国士舘 6回の集中打で帝京を破る!帝京に痛い、8回の守備妨害の判定



ホームランを放った澤野智哉(国士舘)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 帝京国士舘という強豪校同士の対戦であるが、この大会両校とも、もどかしい戦いを続けながらも勝ち上がってきた。

 先取点を挙げたのは国士舘だった。2回裏一死二塁から6番・鎌田 州真の二塁打で1点を挙げると、7番・澤野 智哉が四球で歩き、9番・先発投手でもある白須 仁久の二塁打で2人が還った。帝京の先発・柳沼勇輝は、2回を投げ切れず降板した。

 一方国士舘の先発・白須は、制球が定まらない。3回表には、四球で2人の走者を出して、帝京の3番・小松 涼馬に3ランを浴び、試合は振出しに戻った。2年生でただ1人、東京代表のキューバ遠征のメンバーに選ばれた小松は、そこでの活躍で大きく成長した。

 ただ帝京としては、同点に追いついても、相手の攻撃を防ぐ投手は物足りない。帝京の2番手・田代涼太は身長188センチの大型左腕で、時おりクロスに力のある球を投げるが、安定感に欠ける。

 6回裏国士舘は7番・澤野の本塁打で勝ち越す。さらに二死になったものの、そこから1番・黒川麟太郎、2番・松室 直樹(内野安打)、3番・渡辺 伸太郎、4番・黒澤 孟朗、5番・冨田 洋佑(二塁打))と5人連続安打で、この回一挙4点を挙げ、試合を決定付けたかに思えた。

 しかし8回表、試合の流れを大きく左右する出来事があった。国士舘はこの回から白須、石橋 大心に続く3番手として、山田裕也をマウンドに送る。ところが山田は制球が定まらない。2つの四球と7番・伊藤潤の中前安打で無死満塁となり、帝京は代打に寺地裕幸を送る。寺地は二塁に難しい打球。国士舘の二塁手・伊藤 優はよく捕球し、二塁に送ったが送球が高くそれる。遊撃手の黒川は難しい体勢で捕球し一塁走者はアウトになったが、併殺を狙って一塁に送球したものの暴投になり、三塁走者に続き、二塁走者も生還し、寺地も二塁に進んだ。しかしながら、黒川が一塁に送球した時、一塁走者と接触した。審判は協議の上、これを守備妨害とみなし、打者走者もアウト。
 生還していた二塁走者も三塁に戻された。これに納得できない帝京の前田三夫監督は、主将の大内 智貴を通じて審判に説明を求めたが、納得できない。試合は12分間中断した。試合後前田監督は、こう説明する。「セカンドから高いボールが行って、ショートは体勢が崩れている。妨害なんてありえない。体勢が崩れているところにランナーが来たのです」

 試合の中断に観客からは罵声も飛ぶ。いつまでも試合を中断するわけにはいかないため、前田監督も引き下がった。ただここは前田監督がこだわるだけの重要な場面でもあった。

 もっとも併殺が成立して楽になったはずの国士舘の山田だが、依然として落ち着かない。帝京は9番で投手の田代に代えて、代打に川田竣哉を送る。

 川田はしっかり中前安打を放ち1点を返す。さらに1番・菊池祐汰も四球で出塁する。ここで帝京は重盗をしかけるが、これは国士舘の捕手・澤野が落ち着いて三塁に送球して刺した。帝京にすれば、「ピッチャーは投げるのに必死だったから、その辺を突けるかなと思ったけど、(走者が)硬くなりました」と、前田監督は語る。一方、国士舘の永田昌弘監督は、「うちとしては助かりました。黙って立っていれば歩けたかもしれませんし」と語る。国士舘の山田はストライクを投げるのに汲々として、余裕がなかった。したがって、何もしなくても四死球で出塁できたかもしれない。けれども前田監督にすれば、余裕がないからこそ、仕掛けるべきと考えた。どちらが正しいとか間違っているという問題ではないが、捕手・澤野が落ち着いて三塁に送球したことで、国士舘が勝利に近づいた。

 帝京が9回表も二死満塁のチャンスをつかんだが、7番・伊藤が右飛に倒れ、7対5で国士舘が勝利を物にした。

 帝京は敗れたものの、前田監督が「気持ちは持っている」と語るだけの試合はした。問題は、夏に向けて投手陣をどこまで整備できるかだ。

 勝った国士舘は、準決勝に勝てば2年連続で関東大会出場となる。しかし永田監督にすれば、そこまで考える余裕はなさそうだ。準決勝の都立小山台の試合についても、「相手がどこだろうと関係ないですよ。敵は己の中にある」と語る永田監督にすれば、どこまで自分たちの野球ができるかが、今後のカギになる。

 

(文=大島 裕史)
(写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
一次予選全試合が終了!関東一、日大三、帝京などが順当に都大会へ!【秋季東京都大会出場校一覧】 【ニュース - 高校野球関連】
二松学舎大附や国士舘、都立小山台など有力校が都大会へ【秋季東京都大会一次予選・結果】 【ニュース - 高校野球関連】
国士舘vs都立西【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
武蔵vs帝京八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
第948回 【東東京大会総括】役者の揃っていた関東一が3年ぶりの甲子園へ!都立校や好投手の出現も際立った【大会展望・総括コラム】
関東一vs都立小山台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第3回 第3回目は『狙いうち』編!帝京高校チアリ―ディング部に聞いた高校野球の応援ソングの振り付け!【高校野球×チア応援団特集】
日大豊山vs帝京【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
帝京vs堀越【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
第944回 21人目の東京代表・黒川麟太朗(国士舘)が選抜で学んだ最短距離の大切さ 【2019年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (9)

帝京甲子園出場目指して帝京高校ファン! 2019.06.17
シードになりますが例年以上に東東京大会厳しい戦いになりますが
帝京高校の勝ち進まないと東東京大会は面白く醍醐味がありませんので順当に勝ち進めば関東第一と準決勝で対戦しますので帝京高校の硬式野球部の皆様今年の東東京大会両手を合わせて勝利を期待して応援しておりますので自分たちの野球を信じて機動力の帝京のマシンガン打線を期待しております。応援宜しくお願い致します。
久しぶりの甲子園出場目指して頑張ってください。
国士舘国士舘なら大丈夫!89(やきゅう) 2019.04.21
仕事であいにく応援には行けていませんが応援しております!強いと思ってないのが強み!永田監督のお言葉の通り、いつも全力な気持ちが勝ち抜いて下さい!
帝京前田監督あと1度甲子園へ!前田監督フアン 2019.04.21
白木、吉野キャプテン擁し全国制覇した
95時以来大ファンです。(故)池田蔦監督も応援してると思います。まずは本日勝利期待。
国士舘半端なわたしやっぱ 黒澤君 半端ないって! 2019.04.21
片倉戦では 反対方向にねらって ホームラン! 半端ないって!
しかも一番深いところに ありえないって。
帝京戦でも きっと大変な仕事してくれちゃうんだな。
やっぱ黒澤君半端ないって
帝京いけるぞ帝京 帝京野球 2019.04.17
帝京の すごさを見せつけてね 応援してます
国士舘準々決勝必勝へ!国士舘高校応援激励ファン! 2019.04.16
国士舘高校おはようございます。今の新主将と監督とレギュラー陣、控えの選手とコミュニケーションとることが大切になります。
今季の春の選抜総合的に1人1人個人個人尊重してテレビ観戦しましたが守備の前のファースト、セカンド、ショート、サード、外野のレフト、センター、ライトの守備が課題になりますので宜しくお願い致します。打撃は1打席1打席大事に大切にして考えながら相手投手のどこに投げてくるのかなを常に考え自分の持ち味の国士舘高校の打撃センスに期待して勝利を期待して応援しております。
国士舘高校父母の会の皆様、地元の商店街の皆様、日本全国の国士舘高校の硬式野球部を応援している全国のファンの皆様等が春季東京準々決勝必勝祈願で応援しておりますので国士舘高校硬式野球部の皆様頑張ってください。宜しく宜しくお願い致します。
帝京ガンガン打ち上げろ 一発攻勢で撃沈だ無敵 2019.04.16
帝京の機動力でかき回せ 一発で決めて 必勝だ
国士舘大志を抱けたけちゃん 2019.04.14
チームプレイを大事にして四死球禁止。フライ禁止。そして関東大会、夏、甲子園に再挑戦できる事を信じています。いつでも万全という事はありえない。ひたすらガンバレ。
帝京準々決勝必勝へ!帝京高校全国応援ファン! 2019.04.13
前田監督の采配を信じて新主将で初回から帝京高校様の機動力の攻撃力で盗塁で1点1点得点して一般的に基本の野球の基本のバッティング動作と打ち方を再確認して攻撃力を期待して応援しております。守備力も前野の守備と外野の後の守備力のフォーメーションの定位置の守備を再確認して守備をしてください。投手は配球がかぎになりますのでいかにして考えながらの捕手の配球が大事に大切になりますので最少失点で抑えて縦じまのユニフォ―ムの黄色のもチームの帝京高校の御来賓の皆様、後援会の皆様、保護者の皆様、地元の皆様、全校生徒、各諸先生方様が応援していますので準々決勝勝利を期待をして応援しております。

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る