2019年04月20日 明治神宮第二球場

関東一vs國學院久我山

2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

延長10回、渋谷、平泉の一発で関東一、健闘の国学院久我山を振り切る



ベスト4入りを果たし雄たけびを上げる土屋大和(関東一)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 関東一國學院久我山も、秋は力を出し切れないまま敗れた。特に國學院久我山は、自らの失策で自滅する形で敗れている。しかしひと冬越して両チームとも成長したことで、引き締まった好ゲームになった。

 近年の実績で上回る関東一は、2回表に5番・平泉 遼馬の本塁打で先制すると、3回表には4番・野口 洋介の二塁打で1点を追加して、試合を優位に進めた。

 しかし関東一の先発・谷 幸之助は、力まないような投球を意識してはいるものの、制球力に欠けるため球数も増え、4回までで78球を投じた。「ランナー出しながらの投球は、彼の持ち味でもあるし、荒れ球も彼のいいところでもあるので……」と米澤貴光監督は語る。

 時おり140キロを超える速球に変化球を織り交ぜピンチをしのいできた谷であるが、5回裏國學院久我山打線につかまる。國學院久我山は、3番・西川 新、4番・宮崎 恭輔、5番・高下 耀介の3連打でまず1点を返す。なおも一死二、三塁から7番・中澤知之が左中間を破る二塁打を放ち、2人が還り一気に勝ち越した。

 國學院久我山の先発・高下は、自らのバットで1点を返し、勝ち越しのホームを踏んだが、6回表、関東一の反撃にあう。この回関東一は平泉の二盗などで二死二塁とし、打席には世田谷西シニアの時から注目されていた重政 拓夢が代打で入る。重政はしっかり中前に弾き返し平泉が還り、関東一が同点に追いつく。

 この1点に加え、6回裏から谷に代わり登板した土屋大和が落ち着いた投球をし、國學院久我山に傾きかけた試合の流れを引き戻す。「ヒットを打たれてもいいから、ゼロに抑えようと思いました」と土屋は語る。

 一方國學院久我山の高下も、スプリットなど落ちる球を効果的に使い、関東一に得点を許さず、試合は延長戦に突入した。

 延長10回表、関東一はこの試合1番に入った渋谷嘉人がフルカウントからの6球目を思い切って叩くと、レフトに特大の本塁打となり、勝ち越した。「1番は初めてなので、積極的に行こうと思っていました。打った感触は完ぺきでした」と渋谷は言う。東京代表に選ばれ、年末キューバ遠征をしたことで、パワー不足を痛感し、ウエイトトレーニングを重ねた成果が出た一発だった。

 さらに二死一塁から平泉もこの試合2本目となる本塁打を放ち2点を追加し、関東一が勝利した。

 バントのミスなど、関東一にしてはきめ細かさに欠ける感じもある。それでも勝っているところが強さであり、勝って試合をすることで成長している。準決勝は日大三と東海大菅生の勝者になる。「どちらが来ても、うちより強いと思います。でも試合をすることで成長できると思います」と米澤監督は語る。

 一方敗れた國學院久我山であるが。失策で自滅した秋とは別のチームのように成長した。隣の神宮球場で行われている東京六大学野球では、OBの土井芳徳が東大のスタメンで出場した。「野球は野球、勉強は勉強と切り替えて取り組んでいます」と、尾崎直輝監督は語る。集中力の高い練習で、かつての強い久我山が戻って来つつある。

(文=大島 裕史)
(写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中日・石川昂弥にかかる和田一浩以来の日本人選手による30本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
千葉市シニア出身の捕手争いに注目!中日・郡司裕也と石橋康太は互いに実戦でアピール 【ニュース - 高校野球関連】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第3回 これぞ球史に残る一戦! 東京 2019年ベストゲームは名門校同士の一戦!【東京の高校野球】
関東一vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
関東一vs駒込【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
錦城学園vs國學院久我山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大鶴ヶ丘vs関東一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
國學院久我山vs明星【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第943回 ベスト4の壁を乗り越え、甲子園まで登り詰める!攻守の柱・宮崎恭輔(國學院久我山) 【2019年インタビュー】
第849回 潜在能力を発揮させるため 自信と落ち着きある投手に! 野﨑師(都立小平西) 【2018年インタビュー】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

関東一平成の終わりに平成元年普通科入学生 2019.04.27
勝利あるのみ!平成最後の東京都大会覇者として我等が母校関東第一高等学校の名前を優勝旗に吊るせ!!
関東一準々決勝勝利おめでとう!柏市在住母校ファン! 2019.04.20
関東一高硬式野球部の皆様関係者各位の皆様準々決勝勝利おめでとうございます。熱中症対策、花粉対策、紫外線対策などをして次の準決勝試合応援宜しくお願い致します。
関東一久我山、撃破!関一OBやるぞう君 2019.04.15
守備はうまいので問題なし。
打撃をもっと練習して得点に結びつけよう。
強打の関一見せてくれ!
関東一準々決勝必勝へ!平成11年度普通科卒業生母校応援団長後援会 2019.04.15
おはようございます。風邪などひいていませんか?花粉とか日焼け対策していませんか?日大二高戦勝利おめでとうございます。
初回の1回から5回までの得点はいいですが9回までの得点していないのが打線の課題で山積みです。準々決勝ペンと翼のわが学園といろんな音楽の応援歌で準々決勝勝利を期待しております。
準々決勝では打線は初回1回から9回まで機動力の攻撃力で1点1点得点していく打線向上のつながりで1打席1打席大事にしてきれめのない打線を期待して大量得点を期待しております。投手は捕手のリードでヒット打たれた時に配球の再確認し捕手も考えて再確認して配球のマインドコントロールが大事に大切になりますので是非準々決勝では改善して頑張ってください。
米澤監督の采配を信じて新主将とレギュラー陣と控えのメンバーと1人1人個人個人尊重して常にお声かけることで関東一高の硬式野球部が開花して満開に花を咲かせますので応援しています。
国学院久我山高校は投手と打撃バランスのとれたチームですので関東一高としては要所要所で投球術で攻めて守備力のエラーをしないことで相手の高校の国学院久我山高校ののナインを最少失点で抑えることで強い関東一高の硬式野球部の底力になりますので1戦必勝祈願で心よりお祈り致しております。
関東一高の父母の会の皆様、学校長、諸先生方の皆様、全校生徒、保護者の皆様、地元の新小岩の御来賓の商店街の皆様が応援しておりますので関東一高の硬式野球部の悔いなく気迫プレーと共に我が母校が大歓声になりますので勝利を勝ち取ってください。
ラブイズ関東一高頑張れ!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る