大親友のベテラン監督対決!都立小山台、上位打線の活躍で大勝

 都立小山台の福嶋正信と都立紅葉川の田河清司監督は、高校野球を通してはもちろん、個人的にも深くつながる大親友とあって、試合後勝った都立小山台の福嶋監督は、「つらかった」と心境を語った。

 試合は桜の花を散らす強い風が吹く中で行われ、グラウンドにでは桜の花びらが舞い上がっていた。

 1回表都立小山台は一死満塁から併殺崩れの間に1点を先制すると、その裏都立紅葉川は無死満塁から6-4-3の併殺が成立する間に1点が入り同点に追いついた。

 この大会、は背番号10ながら事実上のエースとして活躍している都立紅葉川の砂川勇起は、この試合では制球が悪く、3回表は安打1本に四球2個で一死満塁となり、5番・森喜洋の中前安打で1点を挙げ、さらに6番・飯田瑤生の内野ゴロの間に1点を追加した。

 4回表には、四球の8番・藤原光基を二塁に送り、1番・池本 仁志の中前安打で生還する。さらに2番・佐藤晃の内野安打に3番・笠原柊真の右前安打で1点を追加する。

 4回裏都立紅葉川は、4回表途中から砂川に代わり登板していた8番・田中颯の二塁打などで1点を返すも、反撃はここまで。

 都立小山台の先発・安居院優源は、身長169センチと身長はそう高くないは、チェンジアップ系の変化球などを有効に使い、追撃を許さない。

 都立小山台は、7回表は無死一、三塁から6-4-3の併殺が成立する間に1点。8回表には二死一、三塁からダブルスチールを決めるなどして2点を追加した。

 9回表には1番・吉田、2番・佐藤。3番・笠原の3者連続安打などで2点を追加した。この試合、池本は4打数3安打、2番・佐藤は俊足を生かし内野安打2本、3番・笠原は5打数5安打と上位打線の活躍が目立った。また4番の上江洲礼記は、安打はなかったものの、体重100キロの巨体にもかかわらず、動きは俊敏で、守備でチームに貢献した。今後が楽しみな2年生である。

 10対2。都立小山台が大差で勝ったが、都立紅葉川も再三好守備はみせていた。ひと冬越して強くなったチームだけに、シード校として挑む夏には、さらなる成長を期待したい。

 都立校が5校ベスト16に残り、夏のシード権を確保したが、準々決勝に残ったのは都立小山台だけ。都立小山台は春季都大会で2年連続して準々決勝進出となったが、昨年は準々決勝で日大三に大敗。今年の準々決勝の相手は早稲田実業だ。自分たちの野球をどこまでできるか、注目したい。

(取材=大島 裕史)