消化不良な戦いが続く国士舘、渡辺の3ランで都立片倉を突き放す 



二塁打を3本放った柳本康希(都立片倉)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 センバツから戻って2試合を戦ったものの、まだエンジンがかかり切っていない国士舘に、ベテラン・宮本秀樹監督の下、「打倒強豪私立」に燃える都立片倉が挑んだ一戦は、国士舘が勝利したものの、都立片倉の健闘が印象に残る試合になった。

 1回裏国士舘は、都立片倉のエース、横手投げに近いスリークォーターの左腕・室津泰介を攻め、一死満塁から5番・冨田 洋佑の中前安打で1点を先制する。しかし6番・森中 翼は二ゴロ併殺で1点止まりだった。

 国士舘の先発は背番号13ながら、センバツでも登板している山田 裕也。山田は、球威はあるものの、制球に問題があり、3回表都立片倉は、一死満塁から5番・松井 晴比古の一ゴロで同点に追いついた。

 その裏国士舘は、一死二塁から3番・渡辺 伸太郎は遊ゴロ。守備範囲が広く、軽快な守備をみせていた都立片倉の遊撃手・柳本 康希が、無理な体勢からやや強引に一塁に送球したところ暴投になり、国士舘が1点を勝ち越した。さらに4番・黒澤 孟朗が四球で歩き、6番・森中がレフトライン寄りに三塁打を放ち、2点を追加。続く山田の左中間への2ランで5点差とした。

 通常の国士舘であれば、これで大勝ペースに持ち込めるはずであるが、今の国士舘はピリッとしない。

 4回裏には、この回から登板した都立片倉の2番手・高津槙悟から二死満塁のチャンスを得るが、あと1本が出ない。

 すると今度は都立片倉が反撃に出る。7回表一死一塁から2番・関陽翔の左中間を破る二塁打でまず1点を返す。ここで国士舘は山田に代えてエースの白須仁久を投入。対する都立片倉は、失策もあったが、ここまで二塁打2本を含む3打数3安打と当たっている3番・柳本が打席に立つ。当たっている柳本は白須の3球目を打ち返すと、センターオーバーの二塁打になり二、三塁。5番・松井への2球目が暴投になり、1人生還。松井も内野安打を打ち1点を追加。途中出場の6番・根津匠馬の四球などで二死一、二塁となったところで、都立片倉の宮本監督は勝負に出る。4回から登板して、国士舘打線を無失点に抑えていた高津に代えて、代打に榮来季を送る。ベテラン監督の勝負に対する執念がみえる代打策に榮が応え、センターオーバーの二塁打を放ち2人が生還。同点に追いついた。

 もっとも、投手に代打を出せば、次に投げる投手が問題になる。それでも宮本監督には、3番手で投げる山下航希は秋季都大会で、2対1で勝利した修徳戦でも投げており、勝算はあった。

 けれども国士舘は、同点に追いつかれて打線に火が付く。7回裏に4番・黒澤がソロの本塁打を放ったのに続き、8回裏には二死一三塁から、3番・渡辺が3ランを放ち、勝負を決めた。渡辺は俊足で、本来は小技でかき回すタイプの打者であるが、勝負を決める貴重な一発を放った。

 結局10対6で国士舘が勝ったものの、すっきりしない勝ち方に、国士舘の永田昌弘監督の顔も浮かない。それでも負けないのが国士舘の強さでもある。準々決勝の相手は帝京だ。「久々ですね」と永田監督。監督に復帰してから、帝京・前田三夫監督との対戦は初めてだという。帝京も苦戦が続いているが、ベテラン監督が、選手の力をどう引き出すか注目したい。

 一方敗れた都立片倉の宮本監督は、「(先発の)室津が悪すぎました」と語る。逆に言えば、それだけ室津の存在が大きいわけで、「室津の調子が悪い時にどう戦うかが課題です」と言う。それでも、後半の追い上げは見応えがあった。昨夏、西東京大会の準々決勝で日大三を苦しめたが、この夏も、都立片倉がどのような戦いをするか。気になる存在であることは、間違いない。

(文=大島 裕史)
(写真=img58〜佐藤 純一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。